オーバメヤンが心臓疾患の可能性でガーナ戦を欠場...新型コロナからは回復も

オーバメヤンが心臓疾患の可能性でガーナ戦を欠場...新型コロナからは回復も

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/01/15
No image

ガーナ戦を欠場したオーバメヤン [写真]=Getty Images

ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは、心臓疾患の可能性により、アフリカネーションズカップのガーナ代表戦を欠場したようだ。14日、イギリスメディア『フットボール・ロンドン』が報じている。

現在ガボン代表の一員としてアフリカネーションズカップに参加しているオーバメヤンだが、大会が行われるカメルーンに到着すると、直後の検査で新型コロナウイルスへの感染が確認。大会の開幕戦を欠場すると、一時はトレーニングに復帰したものの、第2節を前にした検査で今度は心臓疾患の可能性が指摘されたようだ。

ガボンサッカー連盟は14日のガーナ代表戦を前に、「アフリカサッカー連盟の医療委員会に従い、新型コロナウイルスから回復したピエール・エメリク・オーバメヤン、アクセル・メイェ、マリオ・レミナはこの試合に出場できません。検査によって心臓の問題の可能性が示されたためです。アフリカサッカー連盟は、いかなるリスクも負わないことを望みました」と、併せて2人の選手も同じ理由で欠場することを発表している。

なお『フットボール・ロンドン』の報道によると、オーバメヤンの所属するアーセナルはガボン代表の医療チームと連絡を取り、現在の同選手のコンディションは良好であることを確認しているという。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加