特色あるクランベリーの開発が進む 黒竜江省撫遠市

特色あるクランベリーの開発が進む 黒竜江省撫遠市

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/22
No image

特色あるクランベリーの開発が進む 黒竜江省撫遠市

【新華社撫遠9月22日】中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の紅梅農園では9月下旬に入り、クランベリーが収穫期を迎えている。この農園は、8年以上の栽培と栽培地の拡大を経て、国内でこれまで進んでいなかったクランベリーの大規模栽培に成功している。

同市はここ数年、クランベリーの宇宙育種の実現とクランベリー研究センターの建設を目指して積極的な企業支援を展開し、種子の選択と育種、育成技術の研究や関連する知的財産権申請のために強固な基盤を作り上げてきた。

その結果、今年の6月5日に撫遠産のクランベリーの種子が神舟14号の有人宇宙船に搭載されて宇宙育種が行われ、同市では今月、国内初となるクランベリー研究センターの建設も始まった。(記者/何山)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加