ほぼ初心者ライダーの北向珠タが、ヤマハが主催する「大人のバイクレッスン」でオフロード走行に初挑戦しました!

ほぼ初心者ライダーの北向珠タが、ヤマハが主催する「大人のバイクレッスン」でオフロード走行に初挑戦しました!

  • バイクのニュース
  • 更新日:2022/11/29

ほぼ初心者ライダーの北向珠タがオフロード走行に初チャレンジ!

女優やモデル、グラビアなどで幅広く活躍している北向珠タさん。1年ほど前に普通自動二輪免許を取得して念願のバイクデビューを果たしました。今はいろんなバイクに興味津々なんだとか。

No image

ヤマハ発動機のYRA(ヤマハライディングアカデミー)が主催する「大人のバイクレッスン」に参加

【画像】北向珠タが「YRA大人のバイクレッスン」でオフロード走行に初挑戦 第1弾の画像を見る

そこで、以前から関心があったというオフロード走行に初チャレンジ! まったくの未経験者だったので、ヤマハ発動機のYRA(ヤマハライディングアカデミー)が主催する「大人のバイクレッスン」に参加することになりました。

大人のバイクレッスンは、初心者、リターンライダーなどを対象に、YRAが全国各地で開催しているプログラムで、基本レッスンを中心としたカリキュラムで構成されています。オンロード、オンロードの女性限定、若者限定、大型二輪免許保有者限定、オフロードなど、さまざまなレッスンがあります。

今回は愛知県の「スラムパーク瀬戸」で開催されたレッスンに参加しました。オフロード初心者向けの内容で、『安全に愉しくバイクに乗る』 をモットーに基本操作のマスターを目指します。オフロード走行初体験という北向さんに密着し、レッスンの感想を聞いてみました!

オフロード初走行への緊張が、温かい雰囲気で解消!

こんにちは! 北向珠タです。今回は初めてのオフロード走行です。憧れてはいたものの、自分が運転するとなると右も左も分からない状況で、楽しみと不安が織り混ざったような気持ちです。とにかくケガだけはしないように…と、前日からYouTubeでオフロードの動画をチェックしてイメージトレーニングに励みました(笑)。

No image

愛知県の「スラムパーク瀬戸」で開催されたYRA(ヤマハライディングアカデミー)が主催する「大人のバイクレッスン」に参加しました

こうして迎えた当日、会場となる愛知県の「スラムパーク瀬戸」には朝早くから参加者が集まっていました。中には女性の方もちらほらいらっしゃったので、さらに楽しみになりました。参加費は1人8000円で、昼食、車両レンタル、装具レンタル、国内旅行傷害保険料などが含まれています。

レッスン時間は9時から16時。午前中はフラットな路面でオフロードの基本操作レッスン。午後は安全なオフロード路面を利用し、低速域で走行するトレッキングツーリングが行われます。これで8000円はお得! 人気のレッスンなので、抽選になることも多いのだそうです。

No image

オフロード用のヘルメットやプロテクター、ブーツなどの装備がレンタルできます

まずは受付を済ませて準備します。ヘルメットやオフロードブーツ、プロテクターはレンタルがあります。私はオフロードブーツとプロテクターを借りました。オフロードブーツを使うのは初めてなので、履き方を教えていただきました。スノボの時に使うような硬い靴で、歩くだけでも大変! この靴でシフトチェンジとか上手くできるかなぁ?…と不安になりました。プロテクターも装備すると、まさに完全防備という感じです。

No image

ジャケットはクシタニ製ウインターキマイラジャケットで、動きやすくてすごく助かりました。インナーが取り外しできるのでちょうどよかったです

ちなみにジャケットはクシタニのウインターキマイラジャケット。とても動きやすいので、体全体を使って操作するオフロード走行では助かります! インナーが取り外しできて、アウターにはエアーダクトがあるので、この季節の気温にもちょうどいい感じです。

No image

ヘルメットはジーロット製マッドジャンパー2 CARBON HYBRID STD GRAPHIC。重さはそんなに感じなくて首が疲れません!

オフロード用のヘルメットはジーロット製のマッドジャンパー2 CARBON HYBRID STD GRAPHICです。前頭部に突き出たバイザーとチンガードが特徴で、いつも自分が使っているものとは全然違って、すごく「守られてる!」っていう感じです。重さはあまり感じなくて、首が疲れません。これで装備が整いました。

No image

開会式ではインストラクターさんの紹介があります。みなさん優しくて緊張が和らぎます

準備が済んだところで開会式です。インストラクターの紹介があります。朝からずっと優しくて、何よりインストラクターのみなさん同士の仲が良いのがすごく印象的でした。この日はトライアルライダーの野崎史高さんが登場! レースやイベントの合間にインストラクターをしているそうなので、スケジュールが合えば直々に教えていただけちゃうそうです。

No image

知らない人ばかりで緊張していたのですが、参加者の自己紹介タイムもあって温かい雰囲気です

参加者の自己紹介タイムもあって、全体的に温かい雰囲気。知らない人ばかりだったので、緊張感も解けていきます。自分のバイク歴や苦手なところ、上手になりたい目標なども発表します。先生たちがしっかりヒアリングしてくれるので、信頼感がぐっと増して頼もしいです。

No image

走行前にしっかりと準備運動をしてウォーミングアップします。

それから準備体操で体もほぐします。かなり入念にしていたので、「これからたくさん動くんだな」と、気持ちが引き締まります。

レッスン開始前には集合写真も撮影! 記念になるので嬉しかったです。ちなみにレッスン前に写真を撮る理由が「終わってからだと、疲れてボロボロになってしまうから」と聞いて、どんなことするんだろう…と少しビビりました(笑)。いよいよレッスンスタートです。

シフトチェンジが難しい?! 硬いオフロードブーツに大苦戦

レッスン車両はヤマハのセロー250です。車両説明と乗車位置や乗車姿勢の説明を受けます。目の前で車両を見ると思っていたより小柄だったので驚きました。動画で走っているのを観た時、すごく大きくて倒れたら大変な んだろうな…というイメージがあったので少しだけ安心しました。

No image

最初は停車したままで、オフロードバイクでの正しい乗車姿勢やリーンアウト、スタンディングを練習します

最初、実際にセローにまたがってみます。足つきがよくてさらに驚きました。スタンドをかけたまま、乗車位置や乗車姿勢をチェックします。ハンドルも体から遠すぎずちょうどいい感じです。足まわりは慣れるまではちょっと窮屈かな? と思いましたが、 慣れてくるとそこまで気になりません。

No image

オフロードでコーナリングをするときに使うリーンアウトの練習。だんだんできるようになってきました

コーナーではリーンアウトが基本です。バイクをコーナーのイン側に倒し、上半身はアウト側に傾けます。イン側に足を出すとバランスをとりやすくなるそうです。頭では理解していても、思い通りにはなかなかスムーズにできません。

No image

全日本トライアル選手権で活躍するトライアルライダーの野崎史高選手がインストラクターをしてくれました!

インストラクターのみなさんが、ひとりひとりに優しく丁寧にフォローやアドバイスをしてくれるので、やる気を保つことができます。自分の知らないバイクの楽しみ方を知ることができてとても楽しいです。もっと勉強してみたくなりました!

北向珠タ/守田二草

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加