北九州市 12月一般会計補正予算案の概要を発表

北九州市 12月一般会計補正予算案の概要を発表

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2021/11/25

北九州市の北橋市長は、ワクチンの3回目接種に向けた体制強化費などを盛り込んだ総額221億円余りの一般会計補正予算案の概要を発表しました。

「第6波が来たとしても、市民生活を感染症から守っていくための予算を補強していくことが今回の補正予算の最大の狙い」

北九州市の12月一般会計補正予算案は、総額約221億8000万円で、18歳以下の子どもへの一人あたり10万円相当の給付事業として141億円が計上されました。

また来月から、まず医療従事者を対象に始まる3回目接種の体制強化のために70億円。

第6波の到来に備え自宅療養者へのオンライン診療や、中和抗体療法を実施するための搬送体制の整備などとして6500万円が盛り込まれています。

これらの補正予算案は、来月2日から始まる12月定例会で審議されます。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加