『35歳の少女』主要人物が“過去の自分”と遭遇 Huluオリジナルストーリー配信

『35歳の少女』主要人物が“過去の自分”と遭遇 Huluオリジナルストーリー配信

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/21
No image

『35歳の少女』Huluオリジナルストーリー『25年前のあなたへ』 (C)日本テレビ

女優の柴咲コウが主演する日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)のHuluオリジナルストーリー『25年前のあなたへ』(全4話)が21日の地上波第7話放送終了後より配信スタートする。本編では、不慮の事故に遭って25年間眠り続け、中身が10歳のまま目を覚ました35歳の主人公・時岡望美(柴咲コウ)の“時をこえた”成長物語だが、今作では主要登場人物たちが“ちょっと不思議な時間”を経験することで、彼らが少しだけ成長していく様を描く。

【写真】坂口健太郎、自身の少年期演じる込江大牙と笑顔で2ショット

登場するのは主演の柴咲をはじめ、坂口健太郎、田中哲司、橋本愛、鈴木保奈美が演じる主要キャラクターたち。彼、彼女らが“25年前の自分”と対面。迷える現代の自分に、25年前の自分が『道しるべ』を示していく。脚本監修は、本編と同じく遊川和彦が担当し、物語のなかには翌週放送の本編につながる伏線も用意されているかも…!?

21日に配信される「#1」は、望美の初恋の相手・広瀬結人(坂口)が主人公に。望美が姿を消して1ヶ月――彼女を探し続けていた結人は、かつて10歳の結人(込江大牙)が望美(鎌田英怜奈)に告白できなかった現場に遭遇する。望美がいなくなり、悲しみに暮れる現在の結人。そんな25年後の自分に、10歳の結人がかける言葉とは一体…。

25年前の10歳の結人役には、朝ドラ『エール』の鉄男(中村蒼)の幼少期を演じて話題となった込江大牙が起用。坂口も「子どもの結人と一緒に芝居をすることは絶対にないので、夢のようなエピソードだけれど、がっつりお芝居できてよかった」とコメント。本編では絶対にありえない「大人の結人」と「子どもの結人」の共演はHuluでしか見られない貴重な瞬間となっている。

続く「#2」では、田中哲司が1人2役を務め、人はいいけど何だか頼りない望美の父・今村進次のストーリーをつむぐ。望美の事故から5年後に再婚し、新しい家庭を持った進次ですが、現在は無職&家庭崩壊危機で八方塞がり状態。そんなある日、家族円満で仕事もバリバリこなす25年前の自分と出会い、「困ったときのとっておきの方法」を聞く。「#3」では望美の妹で、愛に飢え、夢を模索しながら、自分の存在意義を見つけられない・時岡愛美(橋本/阿部久令亜)、「#4」では望美と25年の間に笑顔を失ってしまった母・時岡多恵(鈴木)をフィーチャー。思わず胸がいっぱいになる“知られざる物語”に光を当てていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加