fidata初の“オーディオグレード”CDドライブの実力は? リッピング&リアルタイム再生でテスト

fidata初の“オーディオグレード”CDドライブの実力は? リッピング&リアルタイム再生でテスト

  • PHILE WEB
  • 更新日:2022/06/23

“オーディオグレード”を徹底追求したディスクドライブが初登場

本記事をお読みになっている貴方は、いま現在どのようなシステム構成でCDを楽しんでいるのだろう。居間のBDレコーダーで聴いているという人もいるだろう。専用プレーヤーという方もいれば、PCのディスクドライブという人も多そうだ。

ネットオーディオを実践している方には、CDリッピング用にPCドライブ等を利用しているケースが多いと思われる。そうした場合でも、オーディオラックには専用プレーヤーが長い間あるという例が大半と思う。

今回紹介する製品は、そうした状況におもしろい変化を与えてくれそうな、たいへん興味深いモデルといってよい。PC関連機器メーカー/アイ・オー・データ機器が擁するハイエンドオーディオブランド「fidata」から登場した、オーディオディスクドライブ「HFAD10-UBX」(以下「AD10」)である。

No image

オーディオディスクドライブ「HFAD10-UBX」(495,000円/税込)。実はCDだけではなく、DVDやBlu-ray等の読み込みも可能 photo/田代法生

fidataからはこれまで高音質化に向けて仕様を吟味したネットワークサーバーが多数リリースされてきたが、それらと同じコンセプトで設計された本格的なオーディオディスクドライブは、本機が初めてとなる。これがハイエンドオーディオファイルはもちろん、ネットワークオーディオ愛好家にも支持されるユニークなフィーチャーを備えているのだ。では、早速その詳細を見ていこう。

fidataサーバー&DACと組み合わせればCDプレーヤーにも

AD10はfidataを始めとしたオーディオサーバー等と組み合わせることで高品位なCDリッピングが可能となるアルゴリズムを基礎とする。リッピング時は高精度な信号読出しを行なう「PureRead4+」が動作し、「fidata Music App」との連携操作にて楽曲のメタデータやアルバムアートが自動的に取得される。もちろんその際には、ビットパーフェクトリッピングが成立する。

No image

ディスクトレイを引き出したところ。CDのリッピングはもちろん、リアルタイム再生も可能。SACDについては、SACD層の再生はできないがハイブリッド盤のCD層の再生も可能

リッピング時の形式はWAVまたはFLACの選択ができ、さらにFLACでは無圧縮を含めて3段階の圧縮レベルが選択できる点が嬉しい。ちなみに「PureRead4+」はパイオニアが有する独自機能で、エラーデータ補間の発生を低減する動作に定評がある。本機は同社以外のディスクドライブで同機能が公式に採用された初めてのモデルとなる。

No image

「fidata Music App」におけるCDリッピング時の設定。Accurate Ripのオンオフの他、リトライ設定やリッピングフォーマットの設定も可能

もうひとつAD10がユニークな点は、fidataオーディオサーバー等と組み合わせて音楽CDのリアルタイム再生が可能になるということだ。ネットワークオーディオプレーヤーまたはUSB-DACのいずれとの組み合わせにおいても、「fidata Music App」から、ファイル再生と同じ手順でCDの読み出し、再生ができる。

No image

リアルタイム再生時には、アプリから「#CD」という項目で選択・再生ができる。ネットワークに繋がっていればリアルタイムでGracenoteからデータベースを読み込むことも可能だ

もちろん、インターネット環境からメタデータやアルバムアートワークをピックアップすることもできる。ここでもパイオニアが独自に開発した「RealTime PureRead」機能が働き、こちらもまたリアルタイムでのデータ補間の発生頻度を抑えてくれる。

このように、USB-DACと接続する場合はCDトランスポートして機能することになるわけだが、いわゆるLAN-DAC接続が可能なDiretta対応機(スフォルツァート製DAコンバーター等)と接続を行なえば、音楽CDをDirettaで再生することもできるのが興味深いところである。

筐体から内部構造まで、細部まで音質に配慮した設計

本体は虚飾を排したシンプルかつプレーンなデザインで、ディスプレイ等が一切ない。ディスクトレイのイジェクトボタンでさえ、メタルセンシングスイッチを用いて凹凸を排除している。このフロントパネルはアルミブロックからの削り出しだ。天面と側板は極厚アルミパネル製。

No image

トレイ右の「イジェクト」マークをタッチすることでトレイの引き出し、収納ができる。またフロントのランプは設定でオン/オフできる

筐体全体は2.3mm鋼板の曲げ加工によるもので、高い剛性を確保。fidataサーバーと同じアルミ削り出しインシュレーター(3点/4点支持が選択可能)も相まって、ハイエンドオーディオ機器が収まったオーディオラックに同居させてもまったく違和感のないコスメティックと堅牢さを備えているのだ。

No image

足元はアルミ削り出しによるインシュレーターで振動対策にも配慮

「AD10」の背面を見ると、オーディオサーバーと接続するUSB-B端子とは別に、USB-DACや増設用HDD等と接続可能なUSB-A端子を2系統備える。fidataのサーバーはUSB-Aポートをひとつしか搭載していないため、外付けドライブとUSB-DACを複数接続することができなかった。この弱点を補うため、今回の「AD10」はUSBポートを2系統搭載し、USBハブとしても使用できるようになっている。ポートの下に「for Audio」と記載のある側は音質にも配慮されたポートとなっており、こちらをUSB-DACに接続するのが推奨となり、メーカーはHFAS1シリーズにUSB-DACを接続するよりも高品質なポートと謳っている。AD10の導入でUSBトランスポートとしても向上が期待できるようだ。

No image

背面端子は、USB typeA(オーディオ出力用1系統と外付けHDD等接続用を1系統)、それにfidataサーバーと接続するためのUSB typeB(3.0対応)を搭載する

No image

USBポートを2系統搭載しているため、USBハブとしても利用できる

UHD-BD再生にも対応したパイオニア製プレミアムドライブ・メカは、この筐体内に横方向からフローティングリジットマウントにて固定されている。ドライブ本体に応力をかけないこの機構は、銅製ワッシャーで微振動を吸収するよう細部のケアも行き届いている。

使用パーツも贅を尽くしたものだ。非磁性体タイプの厚膜抵抗は、オーディオ用に開発されたものだし、ニチコン製MUSEシリーズ電解コンデンサーも然り。超低位相ノイズ水晶発振器を採用し、基板上のグランドを複数に分割することで共通グランドによるスイッチングノイズの干渉を防ぐことにも配慮した。

No image

AD10の内部構造。ディスクドライブの取り付け方法においても、これまでのfidataブランドで培った音質対策が盛り込まれている

電源はシステム用とドライブ用を分けたホスピタルグレード60Wスイッチングタイプを2基搭載。その出力をリニアレギュレーターと組み合わせるという徹底ぶりである。

CDのリアルタイム再生&リッピングで音質をチェック!

ハイエンドオーディオ機器としての風格を備えるAD10

では、試聴を進めていこう。サウンドレビューは、大きくわけて2つ。まずは(1)fidataオーディオサーバーとUSB-DACを組み合わせた「CDトランスポート」としての再生と、(2)PCオーディオの外付けドライブとしてのパフォーマンスで、それぞれCDのリアルタイムとCDリッピングの2つの再生を行なう。

(1)では、DAコンバーターにアキュフェーズの最新トップエンド機「DC-1000」を用意し、AD10のCDトランスポートとしての実力を確認した。ちなみにRealTime PureReadモードは、マスターモードである。

No image

今回の再生システム。DAコンバーターにはアキュフェーズの「DC-1000」を使用、スピーカーはB&Wの「803 D3」

私の定番リファレンスディスク、パトリシア・バーバーの『Higher』から「ハイ・サマー・シーズン」を聴いたが、声の瑞々しさと音像フォルムの克明さが印象的だ。伴奏のガッドギターは、爪弾くアルペジオの旋律の強弱、ネックをスライドする音の生々しさが格別であった。

No image

CD再生時の「fidata Music App」の画面。ファイル再生と全く同じ手順でCD再生が楽しめる

ECMからリリースされたマーク・ジョンソンのベースソロ作「Over Pass」では、ベースのピチカートの高い分解能に加え、エネルギーバランスの安定感と重心の低さを感じた。倍音のニュアンスがとても豊かに感じられ、ここまでのチェックで「AD10」がハイエンドオーディオ機器としての音の品位、風格を充分備えていると感じた次第だ。

参考に、国産の130万円クラスの某高級ディスクトランスポートとの比較も行った。「AD10」(約50万円)+「HFAS1-S10」(約40万円)で合計約90万円と、比較的近いプライスとなる。もうひとつ、ドライブにアイ・オー・データ機器製の汎用BDドライブ「BRD-UT16WX」(約2万円)との比較試聴も実施した。

No image

アイ・オー・データ機器の汎用Blu-rayドライブ「BRD-UT16WX」(実売価格:23,000円前後)

試聴曲は、ジェニファー・ウォーンズのハイブリッドSACD盤『Another Time、Another Place』から「トゥモロウ・ナイト」である(CD層を試聴)。

ディスクドライブ「BRD-UT16WX」での再生も情報量は十二分に感じられ、ヴォーカルの質感が瑞々しい。しかしベースの量感は軽く、ハモンドオルガンの響きにも厚みがない。エネルギーバランスが全体に腰高に感じられた。

対する「AD10」は、ベースがどっしりと低い重心で、ハモンドオルガンの厚みも充分。声には瑞々しさと同時に立体的なフォルムが感じられる。

一方の国産ブランドのCDトランスポートはエネルギーバランスが整っており、声の瑞々しさは3パターン中で最も好ましい。中域の張り出し具合が実にいい感じなのだ。

リッピングにおいても音質差は顕著。リアルタイムとリッピング時の違いもチェック

続いてCDリッピングとディスク再生の音を比較してみよう。音源は前述のジェニファー・ウォーンズを使用し、データの取込みは無圧縮のFLACとした。ここでもfidata Music Appを使用することで、メタデータやアルバムアートはGracenoteから引っ張られてきて、通常のファイル再生もCD再生も同じ感覚で操作でき、ストレスがまったく感じられないのだ。

No image

汎用ドライブとAD10、それぞれを利用してCDリッピングを行う。4分程度の楽曲ならば1分かからずにリッピングが可能

AD10では滑らかで自然な質感再現が感じられたのに対し、BRD-UT16WXの質感再現はいわば表皮がやや粗く、ディテール描写が甘い印象を受けたのである。この辺りは、オーディオ的にケアされているモデルとそうでないモデルとの差が出たと解釈していい。

また、AD10のリッピングデータの音は、CDのリアルタイム再生と比べて微細なニュアンスや質感が浮き彫りとなり、声も一段と艶っぽく聴こえた。ハモンドオルガンの響きもさらに分厚い。高級トランスポートはベースメントの安定感はあったが、AD10は楽器のアタックの鋭さや倍音の豊かさが感じられた点が見逃せない。

この違いは、再生時に回転系を伴った状態となるか、そうした振動等から解放された状態かの違いが現われたと解釈するのが妥当、というか自然だろう。リッピング環境によってCDデータの音も変わるという、それは紛れもない事実なのである。

今回はオーディオサーバーとしてHFAS1-S10を準備したが、同XS20では聴感上のS/N等の印象が変わってくるかもしれない(もっと奥行きの表現力が高まりそうと期待できる)。

PCオーディオの外付けドライブとしてのクオリティをテスト

次に(2)PCオーディオの外付けドライブとしてAD10のポテンシャルを探るとしよう。これは、汎用的なドライブ「BRD-UT16WX」との組み合わせによるパソコンの音から、AD10+PCがハイエンドオーディオグレードにどこまで肉薄することができるかをチェックするという試みである。

No image

オリオスペックのオリジナルオーディオ専用PC「canarino fils9 Rev.3」。標準のWindows10仕様で239,800円(税込)。CPUや内部配線材、ネットワークカード等をオプションで選択することができる

用意したPCは、東京・秋葉原の専門店「オリオスペック」のオリジナル・オーディオ専用PC「Canarino fils9 Rev.3」で、同機に「BRD-UT16WX」とAD10を接続した際の違いを比較した。なお再生ソフトにはfoober2000を準備、DACにはアキュフェーズの「DC-1000」を用意した。試聴CDは、ヒラリー・ハーンの独奏ヴァイオリンによる『PARIS』から「ショーソン:詩曲」である。

No image

foobar2000のCD再生画面。外付けドライブを接続し、「File」から「Open audio CD」を選択すると、リッピング(Rip)またはリアルタイム再生(Play)が選択できる

まずはCDのリアルタイム再生の比較。「BRD-UT16WX」に対し、「AD10」の音はスケール感、奥行き、S/Nでまったく次元が違った。AD10は立体感と厚みがあり、ヴァイオリンとオーケストラとの距離感も明晰。この辺りは電源系の規模や構成の違いが如実に出たと見ることもできよう(「BRD-UT16WX」の電源供給はACアダプターだ)。

No image

foobar2000のCDリッピング画面

リッピングデータでも同様の明確な違いが感じられた。AD10は柔らかで立体的なハーモニーを背に、ヴァイオリンの独奏がスクッと屹立しているのがはっきりとわかる。音場の奥の方の木管の響き、手前のチェロの実在感が素晴らしい。一方の汎用ディスクドライブでのリッピングの音は、ディテールの描写が大雑把で、全体の質感が粗く感じられた。いやはや、当初の想像以上の差が出て驚いた。

世界的に見ればCDの販売数はここ数年低調のようだが、日本国内においては、現在もCDの需要は高い状態が続いているし、CDアーカイブをいまでも大切に試聴している方は多いだろう。私も手持ちの古いCDの中に、最新リマスター盤CDよりも明らかに音に分厚さが感じられるものもあるし、リマスター化されていない貴重なタイトルもある。自分にとってそうした大事な盤を末永く楽しんでいくうえで、いまのうちに高品質でリッピングしておくというのも手だし、こうして再生系が変わることでまた新しい発見もある。AD10がそのポテンシャルによってそれを見直すいい機会を多くのオーディオファイルにもたらしてくれることを期待したい。

No image

ちなみにAD10はfidataだけではなくDELAのオーディオサーバーと組み合わせてもCDドライブとして利用できる

小原由夫

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加