巨人・原監督「何とかしないといけない」2試合で計29三振の屈辱

巨人・原監督「何とかしないといけない」2試合で計29三振の屈辱

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

打線が沈黙しベンチの原監督(左から3人目)は渋い表情を見せる(撮影・山口登)

「オリックス3-1巨人」(9日、京セラドーム大阪)

巨人が完敗。引き分けを挟んで3連敗を喫した。

オリックスの2年目、宮城の前に七回2死までノーヒットで無得点、許した走者は四球のひとりだけと、ほぼ完璧に抑え込まれた。

原監督は「ちょっとなかなかチャンスらしいチャンスがなかったね。辛抱しながらやりましたけど、劣勢の状態だったね、ずっとね」と振り返った。七回2死、ノーノーを阻止する岡本和の一発には「三振ばっかりだったからね。まあ、いい方向にいってくれるでしょう」と語った。

2試合で計29三振。指揮官は「いいところに投げられてますね。凡打も三振も一緒とは言えね。何とかしないといけないですね」と、誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加