高津監督「何を選択しても正解」FA熟考の小川に

高津監督「何を選択しても正解」FA熟考の小川に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

ヤクルト高津監督(2020年11月1日撮影)

ヤクルト高津臣吾監督が21日、今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した小川泰弘投手に直接思いを伝えた。

神宮のクラブハウスを訪れた際に秋季練習に参加するため来ていた小川と会い、言葉を交わした。「たいした話はしてないけど。いい選択ができたらいいね、と。何を選択しても正解だと思うし、野球人としていい選択をできるようにしっかり考えなさい、という話をしました」と明かした。

同じくFA権を取得し動向が注目されていた山田哲、石山の2人は日本シリーズ前に残留が決定した。残すは、先発ローテーションの軸となるエースの小川1人。指揮官は「一緒に野球がやりたいというのはもちろんのことだけれども、せっかく得た権利を一生懸命悩んで決定するべきなので、本人がしっかり決めたらいいと思います」と熟考する小川をせかさず、吉報を待つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加