広島・堂林が敬遠に燃えた「気合で打ちました」勝利呼ぶ2点二塁打

広島・堂林が敬遠に燃えた「気合で打ちました」勝利呼ぶ2点二塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/17
No image

8回、2点適時二塁打を放ち雄たけびを上げて走る堂林(撮影・立川洋一郎)

「広島6-3中日」(15日、マツダスタジアム)

広島の堂林翔太内野手が試合を決める一打を放った。

4-3の八回だ。前打者の松山が申告敬遠され1死一、二塁で出番が来た。又吉が投じた、真ん中に甘く入ってきたシュートを振り抜くと、打球は中堅手の頭上を抜ける2点適時二塁打になった。

「前の打者が敬遠されて、より集中力が高かった。気合で打ちました」

第三打席までは三振、二ゴロ、三直だった。終盤の大きなチャンスで結果を残した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加