新生銀行 一転“買収防衛策”取り下げ...SBI傘下へ

新生銀行 一転“買収防衛策”取り下げ...SBI傘下へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

SBIホールディングスのTOB(株式公開買い付け)に「反対」していた新生銀行は24日、一転して買収防衛策を取り下げ、25日に予定していた臨時の株主総会を中止すると発表しました。

SBIから「双方で協調し、企業価値向上に努める」という回答を得たとしています。

共同通信によりますと、新生銀行による買収防衛策には、20%を超える株を持つ政府が反対の方向で、否決の可能性が高まっていました。

朝日新聞によりますと、SBIの求める経営陣も受け入れる方針で、事実上の傘下に入る公算が大きくなりました。

(「グッド!モーニング」2021年11月25日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加