【今日の一首】偽物じゃない僕たちは本物だ2万のバッタのシュプレヒコール|僕の不幸を短歌にしてみました(エッセイつき)

【今日の一首】偽物じゃない僕たちは本物だ2万のバッタのシュプレヒコール|僕の不幸を短歌にしてみました(エッセイつき)

  • 幻冬舎plus
  • 更新日:2022/08/06

歌人芸人・岡本雄矢さんのフリースタイルな短歌&エッセイ集『全員がサラダバーに行ってる時に全部のカバン見てる役割』が評判上々。たったの31文字で、世界はこんなにも情けなく、こんなにもドラマチックに!バッタを不幸仲間にした、今日の #不幸短歌 。

*   *   *

偽物じゃない僕たちは本物だ2万のバッタのシュプレヒコール

この連載では、自分の不幸を短歌とエッセイにして数多く書いてきましたが、今日は別の方の不幸を書いてみようと思います。

僕が最近不幸だと思っているのは、バッタです。

そうです。みなさんが知っている、あの昆虫のバッタです。

僕が彼らを不幸だと思う理由は「バッタもん」という言葉にあります。

バッタもんとは、簡単にいうと偽物の商品のことです。

有名ブランドなどの偽物の品を指す時によく使われます。

考えてもみてください。

自分の名前が偽物を指す時に使われるというのは、とても悲しいことではないでしょうか。

自分は確実に存在しているのに、その存在が否定されているかのような言い方。

とても悲しく切ないことだと思います。

しかも「バッタもん」の由来を調べてみると諸説あるそうですが、最後にこう書かれています。

「バッタもん」の「バッタ」は昆虫とは関係がないという説が有力である。

No image

(写真:iStock.com/Studio Manzoni)

バッタさん、よかったじゃないですか。

「バッタもん」は君らのことじゃないみたいですよ。

と一瞬は思ったものの、いや待てよと考え直します。

自分はなにもしていないのに、偽物と言われる始末。

「バッタもん」からバッタを想像させておきながら、実はバッタではなかったという、バッタにとっては何重にも失礼な話。

ただピョンピョン飛んでいただけなのに、ひどい仕打ちです。

今はそんな事実も見過ごしてくれているバッタ達ですが、僕らが「バッタもん! バッタもん!」と騒ぎすぎたならば、いつか。

彼らは群れになって襲ってくるのではないか。

そんなことが、たまに心配になります。

<僕の不幸を短歌にしてみました(エッセイつき)>の記事をもっと読む

岡本雄矢

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加