前日にクアドラプルボギーも... 菊地絵理香がミセス初Vへ3位浮上「旦那さんに心配をかけないように」

前日にクアドラプルボギーも... 菊地絵理香がミセス初Vへ3位浮上「旦那さんに心配をかけないように」

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/11/21
No image

菊地絵理香、好相性のコースで一気に上位へ浮上した|撮影:上山敬太

<大王製紙エリエールレディス 3日目◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

大会2日目の14番で「右にOBを2回打っちゃいました。イライラしたというか呆れました」と苦笑いのクアドラプルボギーを叩いた菊地絵理香だったが、ムービングデーは鬱憤(うっぷん)を晴らすかのようにバーディラッシュ。「65」を叩き出してトータル8アンダーの3位タイに浮上した。

こちらもミセス きょうのボミはシックなスタイル【大会フォト】

エリエールゴルフクラブ松山は珍しく「相性が良い」と断言できる舞台。「そう言えるのはこのコースくらいですね。イメージもいいですし、距離も番手ピッタリが残ることが多い。チャンスにつくことも多くてやりやすいです」。『+4』を叩いた2日目も「後から考えてみれば悪かったのはそこだけでした。ショックだったのはそのときだけですね」とその1ホールを除けばノーボギー。ここまで相性の良さが光っている。

菊地は昨年12月に上田桃子らのバッグを担ぐ新岡隆三郎氏と結婚。首位とは5打差あるが、逆転できればミセス初優勝となる。そのことを振られると「全く考えてないですね」と笑ったが、「旦那さんは何も言わないですが、心配していると思うのでいい成績で終わりたいと思います」と本音もチラリ。「毎ホールバーディを獲るくらいのつもりで攻めていきたいと思います」とアグレッシブに攻めて行く。(文・秋田義和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加