田中みな実、『ジョブチューン』『ジロジロ有吉』を卒業「本当に幸せでした」

田中みな実、『ジョブチューン』『ジロジロ有吉』を卒業「本当に幸せでした」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/02/22
No image

2番組を卒業する田中みな実(中央)と、後任の山本里菜(左)、近藤夏子(右) (C)TBS

フリーアナウンサーの田中みな実が、進行を担当しているTBS系『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(毎週土曜 後8:00)、『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(毎週金曜 深0:20)の両番組を3月で卒業することが発表された。『ジョブチューン』は同局の山本里菜アナ、『ジロジロ有吉』は近藤夏子アナが後任を務める。

【写真】ボディラインあらわ…美脚、美くびれを大胆に披露した田中みな実

『有吉ジャポン』(2012年スタート)、『ジョブチューン』(2013年スタート)ともに、2014年のフリー転身後も進行役を務めてきた田中は「それぞれ8年以上やらせていただきました。この間の『ジョブチューン』の収録で、改めてセットを見回したら所々年季が入っていて。それだけ年次を重ねてきたんだなと実感しました」と笑いながら「『ジロジロ有吉』は、『サンデー・ジャポン』のスタッフが主に携わっていて、スタッフとの絶対的な信頼関係の中で、大変心地よく仕事をすることができました」と感慨深げに振り返った。

田中からバトンタッチされ、『ジョブチューン』の進行役に就任した山本は、「大好きな先輩から番組を引き継げる幸せを感じています。土曜日のこの時間は、のんびりゆっくりテレビを見られている方が多いかと思います。視聴者の気持ちを忘れず、番組を支えていけるように微力ながら頑張っていきたいなと思います」とコメント。

『ジロジロ有吉』の進行役を務める近藤も「私は学生の頃、みな実さんが出られている番組を見て憧れていました。私が引き継いで大丈夫かなと不安もありますが、視聴者の方にスタジオにいるような臨場感をもってもらえるよう、楽しく番組を盛り上げていくお手伝いが出来たらと思います」と意気込みを語った。

インタビューの中で後輩たちへアドバイスも送り、“先輩”としての一面をのぞかせた田中。最後に視聴者に向け「バラエティで8年以上続けるって今の時代なかなかないことで。そんな番組に立ち上げから関わることができて本当に幸せでした。いいものだから、面白いものだから続いているんだと思います。今後とも引き続き両番組を愛していただければ幸いです」とメッセージを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加