阪神連敗止める、西勇輝10勝 ヤクルトは打線沈黙

阪神連敗止める、西勇輝10勝 ヤクルトは打線沈黙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

8回無失点で10勝目を挙げた西勇輝(撮影・上田博志)

<阪神5-0ヤクルト>◇16日◇甲子園

ヤクルト先発歳内は古巣阪神と初対戦。阪神は2回2死一、三塁の好機も小幡が空振り三振。ヤクルトは3回まで無得点。

阪神は4回に梅野の左線適時二塁打で先制。5回には大山の適時打。6回には梅野が右翼ポール直撃の6号ソロと3点リードした。

阪神は7回にも大山の中越え適時二塁打で1点を追加。西勇は10勝目で3年連続7度目の2桁勝利。ヤクルトは打線が沈黙した。歳内は2敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加