森保日本また緊急事態 “幸運のホーム”埼スタ使えない? 来年芝張り替え

森保日本また緊急事態 “幸運のホーム”埼スタ使えない? 来年芝張り替え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

日本対オーストラリア サポーターにあいさつする日本代表イレブン(撮影・横山健太)

幸運をもたらす“ホーム”埼スタが使えない!? サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選を戦う日本代表は、来年1~3月に国内で3試合を行うが、同時期に埼玉スタジアムは芝生の張り替え作業を予定しており、会場は未定のまま。劇的なオーストラリア戦の勝利から一夜明けた13日、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(63)は「何とかできないか」と、W杯予選21勝3分け1敗を誇る埼スタ開催を熱望した。結末はいかに-。

◇   ◇   ◇

04年ドラゴン久保、05年大黒様。11年に現キャプテンの吉田、13年に本田、16年には山口も。幾多の劇的ゴールは「埼スタの北側」で生まれてきた。全てW杯予選の後半ロスタイム。埼玉スタジアムには何かある。W杯予選はここまで21勝3分け1敗。驚異の白星率8割4分を誇る。前夜のオーストラリア戦もそう。1-1の後半41分。途中出場したMF浅野のループ気味のシュートは、相手のオウンゴールを誘発した。

アジア最終予選は、残り6試合。ホームでは、3試合。来年1月27日中国戦、同2月1日サウジアラビア戦、同3月29日ベトナム戦を控える。現段階で会場は未定。その中で、2月のサウジ戦は、最も重要な一戦となる。敵地での敗戦からリベンジする機会に、ぜひとも幸運の埼スタは使いたいところ。JFA田嶋会長も「埼スタでやりたい気持ちが選手も監督も私も一番強い」と熱望した。だが…。同スタジアムでは、芝生の張り替え作業を予定している。田嶋会長は「何とか出来ないか、お願いしたいが」と、ばつが悪そうに笑った。

埼玉県・公園スタジアム課に問い合わせた。担当者によると「サッカーのオフシーズンに工事を始めるという流れ」で12月に着工。期間は来年3月。その後は1カ月間、芝生の養生期間に充てる。そのため、再開時期は早くて来年5月からとなる。同スタジアムでは建設以来、初となる芝生の張り替え作業。昨年4月ごろから宮城で芝を育成し始め、埼玉スタジアムに移すという。

勝負の最終予選と、歴史的な張り替え作業は時期が丸かぶり。コロナの影響でアジア最終予選が1年遅れ、本来なら国際Aマッチが行われない1、2月にも試合が組まれたことにより、今回のケースが起きた。同担当者は「田嶋さんの話はネットで見ました。少し困惑していると言いますか…」と正直に言い、笑った。「協会からはまだ要請などの話は来ていません」と続けた。「もちろんありがたい話です。話し合いなどの場があれば、もちろん話はします」。あくまで、前向きな姿勢を示した。

仮に使用できないとなれば、過去には国立、日産スタジアム、パナスタなどでW杯予選は行われてきたが、やはり「埼スタの北側」の奇跡を見たいもの。次はどんな劇的ゴールが生まれるのか。今後はJFAと埼玉県などの話し合いによるが、日本のW杯切符獲得のためにも、埼玉スタジアムでの一戦を期待したい。【栗田尚樹】

<埼スタ北側の劇的ゴール>

◆04年2月18日 1次予選オマーン戦(1-0)で途中出場のFW久保竜彦が、ロスタイム突入から2分15秒、左足でゴール右隅へ冷静に流し込み決勝点。

◆05年2月9日 最終予選北朝鮮戦(2-1)のロスタイム、途中出場のFW大黒将志が縦パスを反転しながら左足で決勝点。

◆11年9月2日 3次予選北朝鮮戦(1-0)でDF吉田麻也が後半49分、清武のクロスにヘディングシュートで決勝点。

◆13年6月4日 最終予選オーストラリア戦(1-1)で、ロスタイムに入った後半45分にMF本田圭佑が同点PKを決め、世界最速でのW杯出場を決める。

◆16年10月6日 最終予選イラク戦(2-1)でMF山口蛍が後半50分、こぼれ球を右足で決め、ラストプレーでの決勝点。解任論があったハリルホジッチ監督を救う。

◆21年10月12日 最終予選のオーストラリア戦(2-1)で後半41分、途中出場のMF浅野拓磨のシュートがオウンゴールを誘い、これが決勝点。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加