夢の「国鉄コンテナハウス」爆誕 古き良き黄緑色の「自分だけの秘密基地」297万円~

夢の「国鉄コンテナハウス」爆誕 古き良き黄緑色の「自分だけの秘密基地」297万円~

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/10/14

かつての国鉄コンテナを復刻したデザイン

No image

国鉄時代のコンテナをイメージした「マチハコトレイン」(画像:JR東日本)。

JR東日本は2021年10月14日(木)、乃村工藝社グループのスクエアと連携し、国鉄の「6000形コンテナ」をイメージした鉄道コンテナ型ハウス「マチハコトレイン」を発売しました。

国鉄6000形コンテナは1960(昭和35)年から1970(昭和45)年にかけて総計5180個が製造され、1984(昭和59)年に引退。「黄緑6号色」は当時の国鉄コンテナの標準色で、貨物列車の象徴として長年親しまれてきました。

今回発売のコンテナ型ハウスも、その標準色である「黄緑6号色」を採用。波板鋼板と合板で組み立てられたコンテナは、「国鉄コンテナ 戸口から戸口へ」というフレーズも再現し、サイズは実物に近く作られ、出入口用扉も設けられています。

ハウスは3グレードを用意。基本となる「トレインストレージ」タイプは税込297万円。「トレインギャラリー」タイプは鉄道コレクションの展示に最適な内装を施したもので、特急「あずさ」で使用されていたシートや方向幕や、銘板などの鉄道部品、収納用の「鉄道古物宝箱」がセットとなっており、こちらは税込770万円です。

最高グレードの税込990万円の商品は「寝台特急」タイプ。寝台特急の個室をイメージした内装で、椅子も実際に使用されていたものが設置されるといいます。

JR東日本のオンラインモール「JREモール」で約6か月間の限定販売となります。関東1都6県のみ納品可能で、各商品とも別途設置費がかかります。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加