松本若菜、土屋太鳳主演のフジテレビ『やんごとなき一族』クライマックス直前に見せた「ノースリーブショット」と「過激7月新ドラマ」への期待【画像】

松本若菜、土屋太鳳主演のフジテレビ『やんごとなき一族』クライマックス直前に見せた「ノースリーブショット」と「過激7月新ドラマ」への期待【画像】

  • 日刊大衆
  • 更新日:2022/06/25
No image

松本若菜の公式インスタグラム(matsumoto_wakana)より

6月23日にいよいよ「最終章」を迎える土屋太鳳(27)主演ドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)に出演している女優の松本若菜(38)が21日にインスタグラムを更新。

関連:■【画像】松本若菜「まるで宮沢りえ!」『復讐の未亡人』直前のノースリーブショット

《先日の取材での衣装!

とても痩せ見えするからみんなできゃっきゃしました笑

なんか、

花粉飛んでませんか?

わたしだけ?》

とつづり、スレンダーボディと体のラインがくっきりしたノースリーブのワンピース姿の写真を投稿し、

《前々から思ってましたが、宮沢りえさんと若菜さん、似てませんか?》《お綺麗です。『せやねん』に出てはった時から、お綺麗と思ってました。》《仮面ライダーの時は、可愛くて、今は怖い位綺麗🥺キレー😳💐》

と、多くの反響が集まっている。

ちなみにこの「取材での衣装」は、6月18日に『デイリー新潮』で公開された7月7日深夜放送の主演ドラマ『復讐の未亡人』(テレビ東京系)や、長い下積み時代などを語ったインタビュー記事のことだと思われる。

「松本さんは『やんごとなき一族』で名家・深山家の長男(尾上松也)に嫁ぎ主人公の義姉である美保子を演じていますが、意地悪な姉を地で行くエキセントリックな怪演は“松本劇場”とまで呼ばれ主役を食う存在感を発揮し、知名度急上昇中です。単にイヤなやつなだけでなく同情すべき点もあり、絶妙なバランス感覚の上で成り立っているキャラクターです」(ドラマウォッチャー)

■「復讐って気持ちいい」

美保子は老舗の和菓子屋の生まれ、ということになっていたが実際はその愛人の娘で、実父はギャンブルで多額の借金を抱え、母がホステスとして働き、生計を立てていたことが第6話で発覚。

「バカで貧乏な親の元に生まれて、周りに見下されながら、血のにじむような思いをしてやっと……やっとここまで来たのに」

と、悔し涙を流したあたりから同情する視聴者も増えていた。

そして、深山家の次男・健太(松下洸平)と佐都(土屋太鳳)の妊娠が発覚してから子供のいない美保子は服にシリコンを入れて妊娠したとウソをついたのだが、第9話でバレて「この大ぼら吹きの女狐が!」と、深山家の当主で絶対権力者の圭一(石橋凌)に罵声を浴びせられてしまったのだ。

「佐都に散々ひどいことをしてきた報いとはいえ、幸せになってほしいものです。もうすぐ始まる松本さん主演のドラマは、不幸な未亡人の話ですからね」(前出のドラマウォッチャー)

今年3月にネット配信サイト『Paravi』で先行配信され、7月7日深夜にテレビ東京にて放送される『復讐の未亡人』で松本は、「自殺に追い込まれた夫の復讐をするべく会社に潜入して同僚たちに復讐する未亡人」である“鈴木美月/密(潜入のため改名)”を演じる。

予告の時点で『やんごとなき一族』の美保子で見せていたどこか憎めない部分もある愛嬌ある「悪女」とは違う、ぞっとするような表情を見せ、

「死ぬよりももっとつらい目に合ってもらわないと。私の夫を殺した人にはね?」

「復讐って気持ちいぃ……」

と、淡々とした口調でありながら語尾から多くの感情が読みとれる絶妙な演技をしている。

今回のインスタグラムで見せた笑顔も封印して臨んだであろう『復讐の未亡人』。『やんごとなき一族』と合わせ、今年話題をさらう女優であることは間違いなさそうだ。

浜崎あゆみ、“長瀬智也とのペアタトゥー”がきわだつ美背中に釘付け!ビーチ満喫写真公開

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加