除隊後復帰作『テバク不動産』などKNTVがジョン・ヨンファ祭り!日本初放送作品も目白押し

除隊後復帰作『テバク不動産』などKNTVがジョン・ヨンファ祭り!日本初放送作品も目白押し

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/09/15

「KNTV/KNTV801」がCNBLUEのジョン・ヨンファ除隊後復帰作となるドラマ『テバク不動産』(原題)を日本初放送すると発表した。

【関連】『テバク不動産』発表会の様子

KNTVは『テバク不動産』の第1話を11月13日22時30より、スカパー、スカパープレミアムサービス、JCOMほかケーブル局で無料先行放送し、12月に本放送スタートとなる。

『テバク不動産』はジョン・ヨンファとチャン・ナラが主演を務め、ワケアリ物件を舞台に繰り広げられるラブコメディ作品だ。

No image

(写真=KNTV)

本作でジョン・ヨンファは霊媒体質でお調子者のイケメン詐欺師に、そしてチャン・ナラは悪霊を退治する退魔師でワケアリ物件専門不動産のひねくれオーナーに扮する。最悪な出会いを果たした2人だが、ひょんなことから手を組み、成仏できない悪霊を退治することに。そして霊に代わり死の真相、事件解決に挑む。

また『テバク不動産』以外にもジョン・ヨンファ関連番組として、スペシャルMCとして出演した『アラフォー息子の成長日記』の日本初放送(11月)や、初々しい姿がたまならい『ユ&キムの遊びにおいで』の出演回(2010年)、CNBLUEが出演した『2015SBS歌謡大祭典』も放送する。

No image

(写真=KNTV)

そのほか、WannaOne出身のパク・ジフンが、誰もがうらやむ人気者だが、実は心に傷を抱え、愛を求める大学生を好演した青春ラブストーリー『遠見には緑の春』や、ムン・ソリ&チョン・ジェヨン主演で贈る、働き盛り世代の葛藤を描くオフィス奮闘記『狂っていなければ』(原題)、韓国MBC局の2020年脚本公募当選作で、別れた2人が“カップル旅行”で繰り広げるラブストーリー『イベントを確認してください』(原題)など、新作ドラマを日本初放送でお届けする。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加