阪神・矢野監督 殊勲打の板山を大絶賛「任せたいなって思った」「うれしいよ」

阪神・矢野監督 殊勲打の板山を大絶賛「任せたいなって思った」「うれしいよ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

9回、木浪の2点二塁打で生還した板山を笑顔で迎える矢野監督(撮影・金田祐二)

「巨人0-3阪神」(14日、東京ドーム)

土壇場九回2死、阪神を救ったのは伏兵の一打だった。

ヤクルトとの優勝争いは劣勢。引き分けは負けに等しい状況のなか、九回2死一、二塁で打席には板山。矢野監督は代打を送るか迷ったというが、「俺が2軍監督にもやることをしっかりやってくれている選手なんで。板山にそういう打席があってもいいんじゃないかと。打ってくれというのももちろんあるけど、そういうあいつの気持ちみたいなものが任せたいなって思ったところかな」と、そのまま送り出した。

2軍監督時代は4番でも起用。今季も2軍生活が長かったなかで、2軍を引っ張る姿勢でやっていることが報告されていたという。指揮官は「おれ自身、うれしいよ。オーバーに言ったら板山もこの日のために1年間振ってきたわけやし。そういう選手が打ってくれるというのは、もちろん、何か気持ちの部分で熱くなるというか、そういうのはあるよね」と称賛の言葉が止まらなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加