ヘミングウェイも経験。臨死体験は誰にでも起こりうる、その記憶は鮮明によみがえる(米研究)

ヘミングウェイも経験。臨死体験は誰にでも起こりうる、その記憶は鮮明によみがえる(米研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/02

臨死体験と脳の働きの関連性 / Pixabay 死に瀕したとき、肉体の機能は停止していても、精神的な遺産は続いている可能性がある。一説によると、心停止の状態から蘇生した人の4~18%が臨死体験を報告するという。いわゆる死後の世界の疑似体験だ。
 私たち心は究極の状況下でどのように機能するのか?それは脳の機能に関連しているのかもしれない。
 
【他の記事を見る】臨死体験は本当にある?人は死後も意識が

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加