「0-7は軽く事故みたいなもの」久保建英が“大敗”コスタリカの変化を予想

「0-7は軽く事故みたいなもの」久保建英が“大敗”コスタリカの変化を予想

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/11/25

日本代表MF久保建英(ソシエダ)が25日の練習後、報道陣の取材に応じ、カタールW杯グループリーグ第2節コスタリカ戦(27日・アルラーヤン)への意気込みを示した。相手は大会初戦でスペインに0-7の大敗を喫しており、決勝トーナメント進出に向けて崖っぷちの状況。久保は「相手が後がない中、前から結構来ると思う」と展望を述べた。

大会前の前評判では、守備的な戦い方をしてくるとみられていたコスタリカ。しかし、初戦のスペイン戦は守りを固めようとしたものの、0-7の大敗。すでに日本戦は勝つしかない状況に立たされており、久保はゲームプランを変えてくるとみている。

「冷静になって考えてみたら、もしかしたら想定していたコスタリカではなく日本の速攻が増えて来るのかなと思う。その場合、長く攻めるよりカウンターで点を取れたら楽になる。そういったチャンスが前半は多くなるのかなと思う。前線には速い選手が多いので、出てきたDFラインの背後を突いていければ」

コスタリカの出方によって、プレーの優先順位は異なる。「0-7は軽く事故みたいなものなので2度、3度起きるものではない。そういった意味では引かれたらやりづらいけど、日本のクオリティーだったら時間をかけて崩せる。前から来られたほうがW杯という舞台を加味するとどこのチームも嫌なのかなと思う。今大会でも勝ち点を拾っているチームは前から行っているチームがほとんどなので、前から来られたほうが嫌だと思う」。そんな想定をめぐらせていた。

今大会の目標をベスト8に掲げている日本は、第3戦のスペイン戦、その先の決勝トーナメントを見据え、コスタリカ戦でのターンオーバーが濃厚。久保は「ここから戦い方や、メンバーが変わってくると思うけど、そういった意味で総力戦。(ドイツ戦では)想定以上の結果を得られたので、また違う戦い方ができればいい」と力を込めた。

(取材・文 竹内達也)▶「FIFAワールドカップ」ABEMAで全64試合を無料生中継!ハイライト無料配信!
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加