24日に山梨県内に接近する台風15号について 注意点など米津気象予報士が解説

24日に山梨県内に接近する台風15号について 注意点など米津気象予報士が解説

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/09/23

米津龍一 気象予報士:

台風の最接近は24日の朝から昼過ぎなんですけども、どうやら山梨の大雨のピークはそれよりも前のタイミングとなります。

なぜかというと、台風本体からの暖かく湿った空気が流れ込みやすくなるためなんですね。では、雨のピーク時間帯も含めて、雨雲の様子を見ていきます。

【写真を見る】24日に山梨県内に接近する台風15号について 注意点など米津気象予報士が解説

実は23日の18時前に、愛知県に線状降水帯の情報が発表されました。その雨雲が入り込んでくる可能性もありますのでこの予想よりも悪くなるかもしれません。

雨のピークまず1回目となりそうなのが、
23日の午後9時、10時、この時間帯が1回目のピーク。オレンジや黄色が出てくると、激しい雨=土砂降りとなる見込みです。

それが広い範囲でかかっていまして、一旦雨の降り方は弱まりますがこの峡南方面ではやや雨脚が強まりそう。
そして明け方がこの南部周辺でもう一度雨のピークが来る見込み。

その後、雨はだんだん昼にかけて弱まってくると予想しています。

今回大雨の対象となりそうなのが、特に南からの暖かく湿った空気がぶつかりやすい静岡や神奈川県境、この辺りで雨量が多くなると予想しています。

降り始めからの雨量と合算すると、9月平年降水量の半月分の雨が一気に降るということになります。

どんなことに注意しなければいけないかといいますと、

土砂災害のリスクが高くなる状況となりますので、2階以上、斜面から離れた部屋に過ごすようにしてください。
そして、実際に大雨となった場合、災害の危険度をリアルタイムで確認できる気象庁のキキクルというサイトがありますので、これによって土砂災害の危険度や、浸水また、河川の増水の危険度を確認することができますのでこれらの活用をお願いできればと思います。

また倒木による停電のリスクもありますので懐中電灯の準備をお願いします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加