人間工学デザインにより隆起したかのような「スプリットキーボード」、ロジクールから

人間工学デザインにより隆起したかのような「スプリットキーボード」、ロジクールから

  • MdN
  • 更新日:2021/07/20
No image

「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」

株式会社ロジクールは、同社初のエルゴノミック キーボード「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」について、8月19日(木)からオンラインストアと首都圏を中心とした一部家電量販店で販売開始すると発表した。価格はオープンで、ロジクールオンラインストア価格は16,940円(税込)。

本製品は、人間が効率よく使用することを追求する人間工学に基づきデザインされたキーボード。

通常のキーボードとアームレストの中央部分が隆起したかのような形状で、手首をひねることなく左手と右手で三角形を作ることができ、自然な姿勢でタイピングができる。

これにより、パームレストのない従来のロジクール製キーボードと比べると手首の曲げを25%軽減しながら、54%高い手首サポートを提供し、そのサポートにより、指先がまるで浮かんでいるかのように軽いタッチができる。

そのほか、Windows/Mac両対応・最大3台のデバイスに同時接続可能、最大2年間のバッテリー寿命といった機能も備える。

サイズは456×233×48mm、本体重量は1,160g(電池含む)。キーレイアウト:115キー日本語レイアウト、キー構造/デザイン:パンタグラフ、キーピッチ:18mm、キーストローク:1.8mm、角度調節機能:有(-4°, -7°)。

「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」
価格:16,940円(税込)
URL:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/press/press-releases/13646
2021/07/20

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加