デグロムに異変、右足痛めて2回3失点で降板

デグロムに異変、右足痛めて2回3失点で降板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

フィリーズ戦に先発したメッツ・デグロム(AP)

メッツのエース右腕ジェイコブ・デグロム投手が、16日のフィリーズ戦で右ハムストリングを痛めて2回で降板するアクシデントに見舞われた。チーム公式サイトが伝えている。

この日のデグロムは2回までに4安打、1四球、1三振で3失点。3回からはマイケル・ワカ投手にマウンドを譲った。この結果、防御率は1・67から2・09に悪化し、トップの座を1・71のトレバー・バウアー投手(レッズ)に明け渡している。

なお3年連続のサイ・ヤング賞獲得がかかっているデグロムが残りシーズンで再び登板できるかなどの詳細は現時点で不明。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加