朝倉未来が1000万円企画を「弱いものいじめに見えてよくなかった」と反省...「頭を下げる強さ」に称賛相次ぐ

朝倉未来が1000万円企画を「弱いものいじめに見えてよくなかった」と反省...「頭を下げる強さ」に称賛相次ぐ

  • SmartFLASH
  • 更新日:2021/11/25
No image

格闘家の朝倉未来が、自身のYouTubeチャンネルで「1000万企画について考えを改めました」と題した動画を投稿。11月20日に配信した「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」(ABEMA)企画について語った。

同企画では、656人から選ばれた挑戦者3人をわずか96秒でKOし、朝倉が圧倒的な強さを見せつけた。「かっこよすぎる!」と好意的な声も多い一方、挑戦者が鼻や眼底を骨折する大けがを負ったことから、「素人相手にやりすぎだ」との批判も殺到した。

【関連記事:「グラドル卒業」宣言の小倉ゆうか 恋人・朝倉未来が「破局説」を一蹴!】

朝倉は、21日に投稿した動画で、挑戦者たちは自ら応募してきたとして、「それくらいの覚悟はさすがに持っている」「弱い者いじめをしたいわけではない」と説明。

過去に那須川天心や亀田興毅も同じ1000万シリーズに出演してきたが、「(格闘家で)誰一人この企画をやりたいっていう人はいない」としたうえで、格闘技を盛り上げるために企画に参加したと明かした。

しかし、動画投稿後もネット上での議論は止まなかった。2日おいて公開された今回の動画では、寄せられたコメントを見て心境が変化したとし、「いろんな人の意見を見て、客観的にいち視聴者として見てみると、たしかにいい企画ではなかった」と反省。

「格闘技を広めるために受けた企画だったんですけど、結果的にいい広がり方ではなかった。結局は弱い者いじめをしているような映りになってしまった」と振り返った。今後はこうした企画に参加するつもりはないという。

3人の挑戦者についても、「僕を倒すつもりで応募して来てくれた。その後も連絡を取らせてもらっているんですが、すごくいい方たち。一人一人どんな人なのか、深掘りしていく動画を今日から3日連続で撮るので、見ていただけたら」と意気込んだ。

企画自体には賛否が分かれたが、意見を受け止め反省するという、朝倉が見せた対応に、称賛の声が多く寄せられている。

《こんなふうに頭を下げる強さが朝倉未来なんだと。ずっと応援しています》

《客観視して色んな角度で色んな意見を受け止めて改めていく…本当に素晴らしいです。 益々『朝倉未来』と言う人間が好きになりました》

《朝倉未来さんすごいな。謝るだけの動画じゃなくて、反省する時はして間違っている時はしっかり否定して、自分の芯をしっかり持って生きてるって感じがすごい伝わる》

動画の最後で、「これからは格闘家としてリングで盛り上げようと思っているので、応援よろしくお願いします」と締めくくった朝倉。今後の活躍に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加