男子は中国にフルセット勝ち 国際親善試合/バレー

男子は中国にフルセット勝ち 国際親善試合/バレー

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/05

国際親善試合「東京チャレンジ」(1日、有明アリーナ)東京五輪のテスト大会として行われ、男子で世界ランク9位の日本は同27位の中国をフルセットで下し、約1年半ぶりの国際試合を白星で飾った。

日本は高橋藍(19)=日体大=と大塚達宣(20)=早大=の若手2人を先発で起用。序盤は全体に硬さがみられ、第1セットを21-25で落とした。だが第2セット途中で大塚に代わった高梨健太(24)=名古屋=が好サーブと巧みなバックアタックで4連続得点に貢献。流れを奪い、セットを取り返した。

第3セットは奪われたが、第4セットで高橋藍が西田有志(21)=ジェイテクト=とともにアタックで得点を量産し、サーブレシーブやスパイクレシーブでも貢献。セットタイとすると、そのままの勢いで第5セットも奪った。

同日夜には女子で世界7位の日本が同1位の中国と対戦する。

No image

中国に勝利した男子日本代表の選手ら=1日午後、東京都江東区・有明アリーナ(納冨康撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加