【宝塚記念】デアリングタクト、余力残して12秒3 松山弘平騎手「よかったです。徐々に感覚を取り戻しています」

【宝塚記念】デアリングタクト、余力残して12秒3 松山弘平騎手「よかったです。徐々に感覚を取り戻しています」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/06/23
No image

◆宝塚記念追い切り(22日、栗東トレセン)

<松山に聞く>

―デアリングタクトの最終追い切りは栗東・坂路で単走。最後まで余力を残しながら、54秒9―12秒3をマークした。

「よかったです。徐々に感覚を取り戻しています。今週の動きもしっかりまとまっていて、いい形で最終追い切りを終えたなと思います」

―1年1か月ぶりの復帰戦となったヴィクトリアマイルは6着だった。

「スタートがよかったし、しっかりとスムーズに前で競馬をしてくれた。さすがに能力の高い馬だなと思いました」

―右前肢のけいじん帯炎という大きなけがからの復帰2戦目になる。

「(前走は)もう一度、デアリングタクトに騎乗できるということがうれしかった。とにかく無事に、という気持ちもありました。出るからには勝利を目指したい」

―距離は前走から3ハロン延び、2200メートルになる。

「折り合いやリズムを重視して、持ち味である末脚を出せれば。他馬のペースに惑わされず、自分の競馬をしたい」

<ヤマタケのジャッジ>

先週はCWコースで力む面を見せたため、急きょ単走へ変更。動きは力強かったが、不安を残した。しかし、今週は力みも許容範囲内。最後は人馬がリズムを合わせるように加速した。

元々、状態面は前走のヴィクトリアマイルの前から「今までで一番いいかも」と杉山晴調教師から聞いていただけに反動だけが心配だったが、力を出せる態勢にはありそう。となれば、実戦勘という面で超久々を叩いた効果が見込めそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加