JR岐阜駅前の“本家”の7分の1サイズ...『黄金のミニ織田信長像』登場 42cmのブロンズ像で金箔施す

JR岐阜駅前の“本家”の7分の1サイズ...『黄金のミニ織田信長像』登場 42cmのブロンズ像で金箔施す

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/01/14
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

JR岐阜駅前のシンボル、黄金の織田信長像のミニサイズが14日、岐阜市役所に登場しました。

岐阜市役所1階の総合案内に、ミニサイズで輝く織田信長が。14日、お披露目された岐阜市役所の「黄金のミニ織田信長像」。

JR岐阜駅前にある本家のおよそ7分の1の大きさ、42センチのブロンズ像で、金箔が施されています。

岐阜駅前の像を製作する際の見本をそのまま原型にしたもので、120体限定で作られました。

ミニ信長を市役所に寄贈した、岐阜市の老舗貴金属店・岩田時計舗の岩田誠三郎社長は「キラキラした像を見て皆さんに明るい気持ちになってほしい」と話していました。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加