特別支援学校に空き缶圧縮機寄贈 就労支援の一環で

特別支援学校に空き缶圧縮機寄贈 就労支援の一環で

  • KUTVニュース
  • 更新日:2022/06/23

障がいのある人たちの就労を支援しようと、高知市の企業が、特別支援学校に、空き缶圧縮機を寄贈しました。

高知大学教育学部附属特別支援学校に空き缶圧縮機を寄贈したのは、高知市のミタニ建設工業です。特別支援学校では、作業学習の中で、空き缶の洗浄や圧縮を行っています。ミタニ建設工業は、これまでに学校に空き缶を提供しているほか、生徒を実習生として受け入れたり雇用に繋げたりしています。学校には、空き缶圧縮機が2台しかなく、少ない人数でしか作業できなかったことから、ミタニ建設工業は、就労支援の一環として、圧縮機3台を寄贈しました。生徒たちはさっそく、圧縮機を組み立て、汗をぬぐいながら、空き缶をどんどんつぶして作業を進めていました。

(生徒)
「新しい機械はうれしいです。缶がつぶれるのを見て面白いです。頑張ってたくさんつぶします」

(ミタニ建設工業 三谷剛平 社長)
「非常に熱心に集中して作業している様子を見て、こういった作業をこの先続けていく人もいると聞いているので、実習で慣れて、将来にも生かしていただきたい」

今回の寄贈を通して、学校は、生徒たちが作業所などに就職した際のスキルにつながるよう、生かしていきたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加