Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」まだまだストリーミング首位走行中

Billboard JAPAN【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」まだまだストリーミング首位走行中

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/11/25

GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2022年11月21日~11月23日の集計が明らかとなり、Official髭男dism「Subtitle」が7,759,443回で首位を走っている。

トップ7は3週連続でそれぞれ順位をキープ中。1位の「Subtitle」は、当週前半も775.9万回と高水準をキープし、首位6週目に突入した。当週は同曲が主題歌に起用されているドラマ「silent」がサッカーW杯の生中継のため放送休止となっており、その影響が本楽曲のチャートアクションに影響を与えるのか、週間チャートの結果に注目だ。

23日にCDリリースを迎えた米津玄師「KICK BACK」は、5週連続で2位の座をキープ。5位のTani Yuuki「W / X / Y」は、23日放送の「テレ東音楽祭」で披露され、週後半の伸びに期待できそうだ。

映画『すずめの戸締まり』の主題歌で、2022年11月23日公開チャート(集計期間:11月14日~20日)で初のトップ10入りを果たしたRADWIMPS「すずめ(feat. 十明)」は、前週10位から当速報では8位に2ランクアップ。もうひとつの主題歌であるRADWIMPS「カナタハルカ」は11位を走っており、10位のTani Yuuki「もう一度」との差はおよそ2,000回と、超僅差の戦いを見せている。

Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報

(集計期間:2022年11月21日~11月23日)
1位「Subtitle」Official髭男dism
2位「KICK BACK」米津玄師
3位「Overdose」なとり
4位「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
5位「祝福」YOASOBI
6位「W/X/Y」Tani Yuuki
7位「ミックスナッツ」Official髭男dism
8位「すずめ(feat. 十明)」RADWIMPS
9位「私は最強(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
10位「もう一度」Tani Yuuki

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music(Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple Music、AWA、Hミュージックビデオmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、TOWER RECORDS MUSIC)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、MRC Dataが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計。先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加