日産アリアB6に清水和夫が惚れた?「290kWのB9+4WDは令和のGT-Rになる?」

日産アリアB6に清水和夫が惚れた?「290kWのB9+4WDは令和のGT-Rになる?」

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/05/16

■カルロス・ゴーンの置き土産? 日産はBEV時代で一発逆転もあり

●「いや~気持ちイイ♪」プロパイロット2.0+BEVに清水和夫が病みつきに

No image

清水和夫×日産アリアB6

「160kWでこんだけ気持ちイイんだから、290kW(B9)になったらどうなっちゃうんだろう…まだ乗ってないけど。290kWの四駆(e-4ORCE)は『令和のGT-R』になりそうな気がします」(清水和夫)。

電動化じゃない日産GT-Rはもう出ない、だろう…。そんなウワサを聞く機会が多くなってなんだか寂しい今の流れ。

No image

電気の大先輩、たま号とアリアの2ショット

しかし、この日産アリア(ARIYAと書いてアリア)に乗った国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが動画の最初で「アリアが令和のGT-Rになる」と。これはワクワクです!

No image

日産アリアB6のエンジン…じゃなくモータールーム

今回、清水さんが試乗したのは、アリアの中でも一番ベーシックなB6。総電力量・66kWh、パワーは160kW(218ps)です。

では、日産アリアB6試乗動画を見ていきましょう!

●自動車メーカーが本気出して作ったBEVは凄い

「今年になってトヨタ、ホンダ、スバル…いろんなEVに乗っています」(清水)。

No image

日産アリアB6試乗

「オレの血管にはガソリンが流れている」らしい清水さんですが、最近は血管に電気も流れ始めたらしく、食わず嫌い的にEV車がジワジワとキテるそうです(笑)。

「アリアには66kWh(B6)と91kWh(B9)と2種類のバッテリーがあり、あとは2WDと4WD、全部で4つの製品になっています。

今乗っているのは一番ベーシックなB6、66kWh+2WDで最高出力160kW、航続距離470kmって書いてあります。価格は539万円、補助金があっても450~460万円くらい? でもこれにオプションつけたら軽く500万円のクルマですね」(清水)。

No image

お洒落で質感の高い日産アリアB6のコクピット

しかし、気になるのはまだ試乗が叶わない90kWhの4WD(e-4ORCE)。

「たしか290kWの出力。フロントが160kWだからリヤが130kWなのかな、まだ乗ってないけど。290kWってね、軽く300ps超えだからね。このボディ、車格から見たら相当ヤンチャというか速いクルマなのかな?という気がします」(清水)。

●自動運転レベル2(高度運転支援)だけど、プラスEVで超快適♪

No image

夜間(コレはトンネル内)はこんな感じのコクピット

ジャーナリスト試乗よりも、一般のお客様が先に試乗の機会が与えられたこのアリア。

「普通のお客さんが試乗したらやられちゃうね、分かりやすいし、気持ちイイ。スポーツモードにした時に人工的にちょっとエンジン音を出してもいいかもね」(清水)。

続いて、搭載されるプロパイロット2.0を試します。

No image

プロパイロット2.0のハンズオフを試す清水和夫さん

「高精度地図のダイナミックマップではないんですけど、みちびきを使って自車の位置を推定しているということで、誤差10~15mの範囲の中で自車位置推定が可能だと書かれています。

日産のプロパイロット2.0の場合は、規制速度の範囲の中でハンズオフが可能。自動運転レベル2だけど、こういう高度運転支援と電気自動車の組み合わせは、ちょっと病みつきになっちゃうね」(清水)。

BEVに乗ると、大好きなハズのエンジンに対してこんな暴言?まで!

No image

私がいうのもナンだけど、エンジンって悪さしてたんだね

「私の口から言うのもおかしいんだけど、エンジンっていろんな意味で悪さしていたんだね。エンジンは人間を気持ち良くもさせていますけど、実は悪さもしていたというのが分かります。なにもそれはCO2とかNoXの話だけじゃなく、あれだけデカい重い物が振動しているっていうところが、クルマの良し悪しを決めていたところもあります」(清水)。

●ゴーンの後押しが無ければ、今の日産は無い?

No image

日産アリアB6試乗

「電気に思いっきり投資を後押ししていたカルロス・ゴーンの戦略は正しかったんですね。いろんな意味で犯罪者扱いされていますけど、あの時、ゴーンが『電気電気!』って言わなければ今の日産は無いと思います。こういう新しい世界があるんだということを気付かせてくれました。実は私も『EVなんて…』って思っていたんですけど、ちょっとヤバいね!」(清水)

重量の重いBEVの、アンジュレーションに対する足まわりの話や、プロパイロットのもっと詳しい使用感などなど、清水和夫さんのすべての試乗記は動画でどーぞ!

No image

日産アリアB6の主なスペック

【SPECIFICATIONS】
■日産アリア B6
全長×全幅×全高:4595×1850×1655mm(プロパイロット2.0装備車1665mm)
ホイールベース:2775mm
トレッド前/後:1585/1590mm
最低地上高:180mm
車両重量:1920kg
乗車定員:5名
車両総重量:2195kg
最小回転半径:5.4m
交流電力量消費率 WLTCモード:166Wh/km
市街地モード:159Wh/km
郊外モード:170Wh/km
高速道路モード:176Wh/km
一充電走行距離 WLTCモード:470km
・駆動用バッテリー
種類:リチウムイオン電池
総電圧:352V
総電力量:66kWh
・原動機
型式:AM67
種類:交流同期電動機
定格出力:45kW
最高出力:160kW(218ps)/5950-13000rpm
最大トルク:300N・m(30.6kg-m)/0-4392rpm
・動力伝達装置
最終減速比:11.090
駆動方式:前輪駆動
ステアリングギヤ形式:ラック&ピニオン
サスペンション前/後:ストラット式/マルチリンク式
主ブレーキ前/後共:ベントレーテッドディスク
主ブレーキ:回生協調ブレーキ 電動型制御ブレーキ
タイヤ前/後共:235/55R19 101V
車両本体価格:5,390,000円

(試乗:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

日産 アリア
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/ariya.html

あわせて読みたい

免許取り立ての大学生にもピッタリな、予算50万円で狙うオススメ中古車5選【2022年版】

ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】

国際看護の日/日産と三菱がアライアンス覚書を締結/三菱スキッパーがデビュー【今日は何の日?5月12日】

「超扁平タイヤはカッコ悪い」「スポンジ入れると静かに?」清水和夫がタイヤの都市伝説を一刀両断

「フェアレディZ」レース復活に振り返る 初戦はフォードGT40との対決、Z誕生当時の衝撃的レースシーン【モータースポーツ龍宮城・ゲート1】

永光やすの

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加