大地真央、神田沙也加は「意外とおやじっぽい」 13年ぶり共演で感じた“成長”明かす

大地真央、神田沙也加は「意外とおやじっぽい」 13年ぶり共演で感じた“成長”明かす

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/01/13
No image

舞台『ローズのジレンマ』製作会見の様子<画像をもっとみる>

女優の大地真央神田沙也加、俳優の村井良大別所哲也が12日、都内で開催された舞台『ローズのジレンマ』製作会見に登場。大地は13年ぶりの共演となる神田について「意外とおやじっぽい」と明かして会場を沸かせた。

【写真】大地真央&神田沙也加、13年ぶりの共演! 舞台『ローズのジレンマ』製作会見

本作は、米国を代表する喜劇作家ニール・サイモンの晩年の傑作を舞台化。経済的危機に瀕す大物女流作家ローズ(大地)が、最愛のパートナーだった作家ウォルシュ(別所)の亡霊、助手のアーリーン(神田)、売れない作家クランシー(村井)と共に織りなすドラマをユーモラスに描く。この日の会見には翻訳・演出を務める小山ゆうなも出席した。

主演の大地は「本当に摩訶不思議なローズという人物を、今お稽古が始まったばかりという感じですけれども、皆さんに楽しんでいただけますよう、そういう風な作品になれるよう、これから皆さんと一緒に作り上げていきたいと思っております」とコメント。

「流石ニール・サイモンという感じで、膨大なセリフで。でも無駄がないという、台詞の応酬といいますか。それがこの4人だけというところで、よりチームワークが必要かなと思っているんです」としたうえで「皆さんそのままかなっていうくらい、適役な感じがしています。これからどんどん掘り下げていって、ニール・サイモンの晩年の作品の良さというものを、皆様にお伝え出来たらなと今は思っております」と意気込みを示した。

共演者の意外な素顔に話が及ぶと、大地は13年ぶりの共演となる神田について「沙也加さんが、意外とおやじっぽいというところが(笑)。『はい、わかりました』みたいな感じで『やってみます』みたいな。“おやじ入ってる”系が、ところどころ見え隠れするのが、『お、13年経ったな』って感じがしています」と神田の成長を感じ取っている様子。

これを受けた神田は「それがもし年輪ということであれば、ありがたく受け止めたいというか(笑)。少し地に足がついたとか、胆が据わったとか、そういう風に前向きに、今の言葉を捉えて、進んでいきたいかなと思います」と笑顔で話していた。

舞台『ローズのジレンマ』は2月6日~25日に東京・シアタークリエにて上演。その後、大阪、愛知で公演。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加