アンガ田中、なかなか売れなかったオードリーに抱いた不満

アンガ田中、なかなか売れなかったオードリーに抱いた不満

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2022/06/23

お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志(46歳)が、6月22日に放送されたトーク番組「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に出演。ほぼ同期で売れるまでに時間がかかったオードリーに対して「もっとおまえらできるじゃん」と不満を持っていたと語った。

No image

その他の大きな画像はこちら

オードリーとアンガールズは同じ2000年デビューで、オードリーが半年だけ先輩の関係だが、田中があるとき若林正恭に「お前らがちんたら売れるまで時間かかってるから行けねーんだよ!」と、オードリーが売れるまでに時間がかかったことについて言ったことがあるそうで、若林は「死ぬまで根に持つ」とコメント。

田中は「実際オードリーは本当にちんたらしてた。もっとおまえらできるじゃん、みたいなのに、ダラダラダラダラ。髪型変えたりコンビ名変えたり。いいからひと筋通してお笑いやれよ!」「小劇場でお互いイジリあってヘラヘラしてただけ」と、アメフトやK-1、水泳などもしていたオードリーに対して不満を持っていたと語った。若林はアンガールズが早くに売れたことは認めたが、最近になってようやく田中が初のMC番組を持ったことについて触れ、「2002年に売れてるじゃないですか。アンガールズブーム。それが2022年でMC番組始まったじゃないですか? 時間かかってますね」と反撃。田中は「オードリーは後から出てきて先にMCになるのよ、これがムカついたよね」と嘆いた。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加