千鳥・大悟、不倫発覚した際に妻に打った一世一代の大芝居「ビックリした、1文字も合うてない全部嘘や!」

千鳥・大悟、不倫発覚した際に妻に打った一世一代の大芝居「ビックリした、1文字も合うてない全部嘘や!」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

お笑いコンビ「千鳥」の大悟(40)が20日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。妻に不倫が発覚した際、起死回生の大芝居を打ったときのエピソード明かす場面があった。

No image

千鳥の大悟

大悟がスクープされた日、相方のノブ(40)は「大悟がロケに来なくて。マネジャーが連絡したら『週刊誌に撮られて、今インタビューしながら来てます。どうやら不倫のようです』って、もう終わったと思って。そしたら大悟が『すみません!』って入って来て、顔も腫れてて目も真っ赤で“金目鯛”が入ってきたのかなと思った」と笑わせる。

大悟は「ああいうのって、撮られてから出るまでに4日間くらいあるんです。その間に嫁に報告せんとダメってことで、言うしかないと思って。『明日(週刊誌に)出るって。1ページ2ページくらいあるけど1文字も合うてないねん。ビックリした、全部嘘や!」と起死回生の一手を打つも「嫁がほんまに袖まくって『おうおう、大勝負に出たのぉ』」と激怒。実際合っていた文字数については「7000文字、全部合ってた」と即答していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加