【盛岡・マーキュリーC】マスターフェンサー連覇!松山「何とか勝ちたいと...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

ダート交流G3「第25回マーキュリーC」が20日、盛岡競馬場で行われ、4番人気マスターフェンサーが連覇達成。通算4度目の重賞Vを決めた。道中は2番手。4角で先頭を奪うと、直線も力強く伸びて1番人気バンクオブクラウズを2馬身差封じた。「2戦、負けが続いたので何とか勝ちたいと…。馬が応えてくれた。盛岡が合っている。久々に強いマスターフェンサーを見せることができた」と松山。次走は未定だが、角田師は「1800メートルでも短く、ベストは2000メートル以上。チャンスがあればG1にも挑戦してみたい」と期待を寄せた。

◆マスターフェンサー 父ジャスタウェイ 母セクシーザムライ(母の父デピュティミニスター) 牡5歳 栗東・角田晃一厩舎 馬主・吉沢ホールディングス 生産者・北海道浦河町の三嶋牧場 戦績20戦8勝(地方5戦4勝、海外3戦0勝) 総獲得賞金1億8946万2000円 重賞は20年名古屋グランプリ以来4勝目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加