アップル、Big Surアップデートで文鎮化MacBook Proの救出方法を説明

アップル、Big Surアップデートで文鎮化MacBook Proの救出方法を説明

  • Engadget
  • 更新日:2020/11/21
No image

今月13日のmacOS Big Sur配信直後、一部の13インチMacBook Proがアップデートにより文鎮化(動作不能)したとの報告が相次いでいました。この件につき、アップルが対処方法を示す公式サポート文書を発表しています。

こうした症状のほとんどは、13インチMacBook Proの(Late 2013)および(Mid 2014)につき、アップル公式サポートコミュニティ等で苦情が寄せられていたもの。おおむねインストール中にマシンが黒い画面を表示して動かなくなったことが共通しています。

アップルは19日(米現地時間)「2013年と2014年モデルの一部13インチMacBook ProにmacOS Big Surをインストールできない場合」と題したサポート文書を公開。そのなかでアップデートをインストールできない、または空白の画面が表示されるなど正常に起動しなくなった場合に問題を解決する方法を解説しています。

その手順は次の通りです。

Macの電源ボタンを少なくとも 10 秒間押し続けてから離します。Mac がオンになっている場合は、電源がオフになります

ディスプレイやUSBアクセサリを含むMacから外付けデバイスをすべて取り外し、SDXCカードスロットに挿入されているカードを取り外します。次に、Mac の電源を入れます

問題が解決しない場合は、取り外し不可能なバッテリを搭載したノートPCの説明に従って、SMCをリセットします。

問題が解決しない場合は、NVRAMまたはPRAMをリセットします

これらの解決策が上手く行かない場合は、公式サポートに連絡してサポート受けるようにとのことです。さらに「より詳しい情報が利用可能になった場合、更新されます」ともあり、全容解明にはいたっていないもようです。

もっとも上記のユーザー報告にはSMCやNVRAMをリセットしても文鎮化が治らなかったとの言及もあり、どこまで効果があるのかは不明です。該当するMacBook Proモデルを所有しているユーザーは、より確実な修正が施されたバージョンが提供されるまでは、Big Surへのアップデートは避けた方がよさそうです。

Source:Apple

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加