巨人執念の継投!9回に4投手つぎ込み1点差守り切った

巨人執念の継投!9回に4投手つぎ込み1点差守り切った

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

広島対巨人 9回裏広島2死二、三塁、マウンドへ向かった原監督(中央)(撮影・加藤孝規)

<広島2-3巨人>◇3日◇マツダスタジアム

巨人が9回に4投手をつぎ込む執念の継投で1点差を守り切った。原監督は「執念と言うか、ベストを尽くしたということでしょう」と話した。

1点リードの9回、8回から3番手で登板していた中川がイニングまたぎでマウンドへ。安部を二ゴロに仕留めたところで4番手ビエイラにバトンを託した。

しかしビエイラが代打松山、小園に連打を浴び1死一、二塁のピンチを背負うと桜井にスイッチ。桜井は暴投で1死二、三塁とピンチを広げたが、石原を空振り三振に仕留め2死目を奪った。「急にいく感じになったんですけど、焦らずいったという感じですね。打者を打ち取るだけ。もうそれだけしか考えていなかったです」とスクランブル登板を振り返った。

続く1番菊池涼を迎える場面では、原監督が直々にマウンドに向かった。桜井、炭谷にひと言かけ、申告敬遠を選択。2死満塁で代打田中広を迎えるところで左腕高梨を送った。最後はこの回4人目の高梨が二ゴロに仕留め、1点差を死守。力強く左こぶしを握り、喜びを爆発させた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加