「テーブル美術館-分館-」より兵馬俑がfigma化

「テーブル美術館-分館-」より兵馬俑がfigma化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

“触って遊べる芸術作品”テーブル美術館より、世界各国の様々なアートを立体化した「テーブル美術館-分館-」の第二弾として「兵馬俑」がマックスファクトリーのアクションフィギュアシリーズ「figma」で立体化され、2021年5月に発売される。価格は7,000円(税抜)。

『PERSONA5』ノワールがfigmaとなって登場

「兵馬俑」は、古代中国で死者の墓に埋葬される、人や馬をかたどった明器の一種。実際の商品では、figmaオリジナル関節パーツで、様々なアクションポーズを再現可能。要所に軟質素材を使用することでプロポーションを崩さず、可動域を確保している。

また、3種類の顔パーツ、強弩や刀、立膝の下半身パーツが付属し、差し替えにより豊富なバリエーション展開ができる。さらに、様々なシーンを可能にする可動支柱付きのfigma専用台座も同梱されるとのこと。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加