平和を願う高校生1万人署名活動 行動制限緩和で約2カ月ぶりに再開

平和を願う高校生1万人署名活動 行動制限緩和で約2カ月ぶりに再開

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/10/14
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

行動制限の緩和で、高校生の平和を願う活動も約2カ月ぶりに再開です。

核兵器廃絶を求めて2001年に始まった「高校生1万人署名活動」、これまでに約200万人分の署名を集めています。

この日は新型コロナの影響による中断以来、約2カ月ぶりの署名集め。

使用済みのペンを毎回消毒するなど、感染症対策を徹底したほか、「デジタル署名」ができる二次元バーコードの配布も行いました。

島原高校 2年 羽山 嵩裕 さん 「ここから再スタートして、コロナ禍前の活気を少しずつ取り戻せるようにしたい」

長崎北高 1年 井上 あゆみ さん 「平和な世界の実現に向けて、1人1人自分の思いや平和についての思いを発信していきたい」

例年は集めた署名を高校生平和大使が自らスイス・ジュネーブの国連欧州本部に届けていますが、新型コロナの感染が広がった2020年以降、渡航できていません。

それでも高校生たちは、平和な世界の実現のために懸命に署名をよびかけていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加