【アクシデント】楽天ブセニッツが負傷降板 西武愛斗の打球が右足を直撃、マウンド上に倒れ込む

【アクシデント】楽天ブセニッツが負傷降板 西武愛斗の打球が右足を直撃、マウンド上に倒れ込む

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

楽天ブセニッツ(2022年5月6日撮影)

<西武5-4楽天>◇14日◇ベルーナドーム

楽天アラン・ブセニッツ投手(31)が、アクシデントに見舞われた。

3点リードの7回に2番手として登板。1死一塁の場面で、愛斗の打球が右足を直撃。マウンド上に倒れ込んだ。治療のため、自力でベンチに戻ったが、そのまま降板。安楽が3番手としてマウンドに上がった。

ブセニッツは試合前時点で今季11試合に登板し、防御率0.84と抜群の安定感を誇っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加