山内ケンジが“covid19の気持ちになって”描く、城山羊の会「ワクチンの夜」

山内ケンジが“covid19の気持ちになって”描く、城山羊の会「ワクチンの夜」

  • ステージナタリー
  • 更新日:2021/09/15

城山羊の会「ワクチンの夜」が12月3日から12日まで、東京・三鷹市芸術文化センター 星のホールにて上演される。

No image

城山羊の会「ワクチンの夜」チラシ表

すべての画像を見る(全2件)

本作は、山内ケンジの脚本・演出によるプロデュースユニット、城山羊の会の新作。公演に向けて山内は、「本年は、ワクチン開始の年です。ワクチンさまさまです。しかし、ワクチンてそんなに偉いのかよ、とcovid19の気持ちになって書きたいと思いました。なおかつこれは、昨年に引き続き、城山羊の会による“主婦の妄想シリーズ”第二弾でもあります」とコメントしている。

出演者には岩本えり岩谷健司春原愛良中山求一郎、朝比奈竜生、岡部たかしが名を連ねた。チケットは10月22日10:00に一般前売をスタート。

城山羊の会「ワクチンの夜」

2021年12月3日(金)~12日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:山内ケンジ
出演:岩本えり、岩谷健司、春原愛良、中山求一郎、朝比奈竜生、岡部たかし

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加