柴咲コウ演じる望美、結人の家族に紹介してほしいと頼むが...『35歳の少女』第7話

柴咲コウ演じる望美、結人の家族に紹介してほしいと頼むが...『35歳の少女』第7話

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2020/11/21
No image

柴咲コウ演じる望美、結人の家族に紹介してほしいと頼むが…『35歳の少女』第7話

柴咲コウ主演の土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第7話が、11月21日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

【TVerで無料リアルタイム配信】柴咲コウ演じる望美、結人の家族に紹介してほしいと頼むが…『35歳の少女』第7話

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(共に日本テレビ系)の制作チームが集結する本作は、『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりに柴咲と脚本家・遊川和彦がタッグを組むオリジナルドラマ。1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”望美。待ち受けていたのは、変わり果てた世界と自分だった。現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語だ。この現代版“眠り姫”ともいえる本ドラマ。主人公・望美を柴咲、望美の初恋の相手・広瀬結人を坂口健太郎、望美の妹・愛美を橋本愛、望美の母・多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司が演じる。

前回の第6話では、望美の家族が実家に集まり言い合いに。多恵や愛美から不満をぶつけられ、家を飛び出した望美は行方不明に。結人は彼女を必死に探し、アパートにいることを突き止め、泣きじゃくる彼女に「これから何があってもお前のそばにいる。どんなことがあっても離れない」と語りかけ、そしてキスをした。そんな、柴咲&坂口の“神秘的キス”が話題に。視聴者からは「なんて美しいラブシーンなんだ」「ここのシーンで生きてた猛者いるのだろうか」「今週もたくさん泣かされた」といった声があった。

<第7話あらすじ>
望美(柴咲)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人(坂口)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す。

一方、家庭内別居状態が続く進次(田中)は、加奈(富田靖子)から離婚届を突きつけられる。さらに、謎の大金を手にした達也(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。

そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美(橋本)は、鉢合わせた相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵(鈴木)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加