渡邉彩香の復活は特効薬ではなくフェードの基本への立ち返り ティアップの高さに表れた迷いなき自信【辻にぃ見聞】

渡邉彩香の復活は特効薬ではなくフェードの基本への立ち返り ティアップの高さに表れた迷いなき自信【辻にぃ見聞】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/07/01
No image

フィニッシュを見ればしっかりと振り抜けていることが分かる|撮影:GettyImages/JLPGA提供

中止が相次いだ影響で国内女子ツアー開幕戦となった「アース・モンダミンカップ」は渡邉彩香の優勝で幕を閉じた。プレーオフで競った相手は昨年の賞金女王・鈴木愛。なぜ渡邉は、強敵相手に5年ぶりとなる勝利を勝ち取ることができたのか。上田桃子や小祝さくらを指導する辻村明志コーチが解説する。

イ・ミニョンはなぜツアー屈指のパワーフェードを打てる?【連続写真付き解説】

ツアー屈指の飛ばし屋として2013年に初シード、14年に初優勝と順調にトッププロへの階段を上っていたが、16年に「リオ五輪に行けなかったことで、自分に足りないことばかりが浮かんでしまって。もっと『あれをしたい』、『これもやりたい』という迷いも生じてしまって…」と大スランプに。そして17年にシード喪失、前半戦出場権で出場した18年にはリランキングも通らず、ついに試合出場が確定しない日々を過ごすこととなる。何とか昨年のファイナルQTで19位に入り、今季の出場権を獲得。そんなどん底からの復活劇だった。

「今回の試合はコーチも会場に入れなかったので、ネット中継でしか見ることができませんでしたが、映像で見ていても渡邉さんのスイングは明らかに去年までと違っていました。昨年のQTで見たときに“変わったな”と思いましたが、そこからさらに良くなったなと思います。詰まりがない、シンプルな一連のスイングになりました」

辻村氏は昨年コーチについた中島規雅氏の影響も大きいとみている。「中島さんは高校の先輩ですが、昨年のQTに来られた時に、中島さんがよく後方から確認していたのは、正しいアライメントをとることでした。フェードヒッターなので、ターゲットのやや左にしっかりと向く。そこを2人は徹底しているように見えました」。左の林に向くような極端なオープンスタンスだったものを、目線から始まり、目線に対して足、腰、肩、クラブのフェースを真っすぐに構える。基本的なところから見直した。

そこからの確認事項も辻村氏が「フェードの原理であり原則です」という部分だ。「精度の高いフェードを打つためには、“ターゲットのやや左にアライメントをとること”、“構えたところよりも若干のアウトサイドインの軌道”、“フェースローテーションを抑える”、“突っ込まず左に振り抜く”。この4つがとても大事です。ただ、細かい修正を繰り返していくうちに、渡邉さんはこの4つがちぐはぐになっていました」。“クラブをシャローに入れよう”としてクラブがアンダーから入るようになって右プッシュかと思えば、曲げたくないからクラブを上から入れ過ぎる。どんどんおかしくなっていたという。

「そしてクラブを振り抜くところがなくなってしまっていました。合わせに行くから体が突っ込む。だから、動きが詰まる。さらに体が浮くからフェースローテーションも大きくなる。結果、右にも左にも大きく曲がっていたのです。そんなボールを“切る”ような動きだったのが、クラブを上げる位置、ボールに入れていく位置、振り抜く位置を安定させてフェースローテーションも抑えられるようになり、しっかりとボールをフェースに乗せて押し出せています。手打ちじゃなくなりました。スイングスピードに合った初速が出ています。だから飛距離も出ている」

基本の徹底で、良いショットが打てるようになったことで迷いも消えた。その自信が分かるのがティアップの高さだ。「去年の渡邉さんはとにかく曲げたくなかったのでしょう。ドライバーなのにパー3かというくらい低いティアップでした。それが今大会では以前の高さに戻っていました。プレーオフの18番は右にすっぽ抜けたくないホールで、ティを低くしたくなるところでしたが、フェースからボールがはみ出るくらいの高さでした」。細部にも自信がみなぎっていた。

「復活するためには、意外と難しいことはないんです。基本を徹底してやること。渡邉さんの場合は、ターゲットにスクエアに立つこと、クラブの軌道を正す、フェースローテーションを抑える、突っ込まずに左に振り抜く。1つ1つクリアしてフェードが良くなり、自信がつく。この段階をしっかりと踏めた。そしていろいろな球筋を追い求めるのではなく、『質の高いフェードを作る』と迷いも消えたように見えました。プレーオフのバーディパットは下りのスライス。フェードヒッターのアライメントが、ここでもピタリとハマりました。パッティングの調子も良さそうなので、今後も期待大です」

復活に特効薬はない。一つ一つ基本を見直してつかんだ栄冠だった。

解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、山村彩恵、松森彩夏、永井花奈、小祝さくら、吉田優利などを指導。様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに生かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。著書には『ゴルフ トッププロが信頼する! カリスマコーチが教える本当に強くなる基本』(河出書房新社)がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加