早実・清宮、タイムリーにも「あれは振っちゃダメ」修徳にコールド勝ち

早実・清宮、タイムリーにも「あれは振っちゃダメ」修徳にコールド勝ち

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

3回、中前適時打を放つ早実・清宮福太郎(撮影・西岡正)

「秋季高校野球東京大会・1回戦、早実9-2修徳」(18日、ダイワハウススタジアム八王子)

4年ぶりのセンバツ出場を狙う早実が秋季東京都大会の1回戦に登場し、甲子園出場8回を誇る修徳相手に7回コールド勝ちを収めた。主将で日本ハム・清宮幸太郎の弟、清宮福太郎内野手(2年)が4打数1安打1打点の活躍。エースの田和廉投手(2年)も7回2失点の好投を見せた。

「4番・一塁」でスタメン出場した清宮は1打席目は見逃し三振。2打席目では外角に逃げる変化球に泳がされながらも中前に適時打を放ったが、「あれは本当は振っちゃダメ。自分が初戦ということで力が入っちゃって、周りのみんなが助けてくれたという印象です」と頭をかいた。

最上級生となり、今夏からは、かつて兄も担った主将の大役を任された。この日も攻撃時にはベンチから味方に的確な指示を出し、和泉監督も「いいと思いますよ。お兄ちゃんと違う感じでね。よくみんなを見てうまくバランスを取ってくれてる」と評価。存在感はさらに高まっている。

先発したエースの田和も「少しずつ状態が上がっていった」と3安打8奪三振のピッチングで修徳打線を寄せ付けなかった。視察した巨人・青木スカウトも「真っ直ぐ、変化球ともにしっかり腕が振れている印象。体に力がついてきたら楽しみな存在」と語った。

次戦は24日・郁文館戦(立川)。和泉監督も「投打の要」と信頼を寄せる二人の活躍もあり、名門が順調な滑り出しを切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加