航続は北米最長、ダイムラーのEVトラック受注開始...2022年から生産

航続は北米最長、ダイムラーのEVトラック受注開始...2022年から生産

  • レスポンス
  • 更新日:2021/04/08
No image

ダイムラーのEVトラック、フレートライナー『eカスケディア』

もっと画像を見る
ダイムラートラック(Daimler Trucks)は4月6日、新開発のEV大型トラックの北米での受注を開始した、と発表した。2022年後半、生産を開始する予定だ。

この新開発のEV大型トラックは、ダイムラートラック傘下のフレートライナーブランドの『カスケディア』がベースだ。車名は『eカスケディア』を名乗る。

eカスケディアには、最大出力730hpを発生するモーターを搭載する。バッテリーは蓄電容量550kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電での航続は、最大400kmに到達する。バッテリーは容量の8割(約320km走行分)を充電するなら、90分以内に済む。

もう1車種の新開発のEV大型トラックは、フレートライナー『eM2』。主に、配送業務と個人宅配サービスを対象に開発された。モーターは最大出力480hp。バッテリーは蓄電容量325kWhで、eM2は最大約370kmの航続を可能にする。バッテリーの充電は8割(約300km走行分)なら、60分以内に完了する。

eカスケディアとeM2は2018年から、北米で実証実験を行ってきた。その成果を生かして、2022年後半、生産を開始する予定だ。ダイムラートラックは、eカスケディアとeM2は北米市場で現在、最長の航続を可能にするEV大型トラック、としている。

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加