巨人・坂本、侍では「どんどん声を掛けていく」リーダーシップ発揮、チームけん引

巨人・坂本、侍では「どんどん声を掛けていく」リーダーシップ発揮、チームけん引

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

ロングティーを打つ巨人・坂本(撮影・田中太一)

東京五輪を戦う侍ジャパンが21日、仙台市の楽天生命パーク宮城で事前合宿3日目を行った。田中将、柳田らとともにチーム最年長の坂本勇人内野手(32)は「短い期間でコミュニケーションを取らないといけない。そこはこっちからどんどん声を掛けていければ」とチームを引っ張る覚悟を示した。

今大会ではキャプテンを置かずに戦う稲葉ジャパン。坂本自身も「監督も偏って誰かが引っ張るとかはしないってことで、キャプテンを選ばなかったと思います。一人一人がチームをいい方向にって思ってやることが1番」と指揮官の思いを理解する。その上で「チームを引っ張っていきたいか?」との問いには「もちろんあります」と即答した。

チームの雰囲気については「若い選手もすごい多いですし、気を使い合う感じもあまりないので、すごくいい雰囲気の中で練習できている」と充実感を漂わせた。

この日は、普段とは違うオールドスタイルの着こなしで練習。「ユニホームの裾が短くて、かっこわるいので、今日は(裾を)上げた。新しいのを頼んだので、それまでは。本当に意図はないです」と苦笑いを浮かべるなど、リラックスした表情も見せながら、調整した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加