店を通じて“次の、そしてまた次の世代へ”と自然を引き継ぐ アウトドアショップが山中湖にオープン 自然へ独自の視点

店を通じて“次の、そしてまた次の世代へ”と自然を引き継ぐ アウトドアショップが山中湖にオープン 自然へ独自の視点

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/08/05

2022年6月、山中湖村の住宅建設会社が開いたアウトドアショップを紹介します。

【写真を見る】店を通じて“次の、そしてまた次の世代へ”と自然を引き継ぐ アウトドアショップが山中湖にオープン 自然へ独自の視点

ノウハウはありませんでしたが自然に対する独自の視点が光る店舗になっています。

ショップの店長:
これが結構女性に人気で、ろうそくよりちょっと火が大きいというのがすごくいいという方が多くて。

ランタンや、バーナーそれにバーベキューコンロ!

キャンプや登山に欠かせないアウトドア用品が並ぶのは、2022年6月山中湖村にオープンしたYUZURIHA(ゆずりは)です。

社長:
時間を楽しく過ごすことに関してのアイテムは非常に良いものがあるので。

経営するのはこの場所でログハウスの建設などを手掛ける企業=ビ・ボーンの宮下俊吉社長。

ノウハウがなかったアウトドアショップの経営に乗り出した理由は・・・

ビ・ボーン 宮下俊吉社長:
今、コロナで密を避ける適切な距離は必要だけど心の距離は短くすべきだと思う。

密を避けながら交流を深め、心を癒してほしい。

アウトドアインストラクターの鈴木聖子さんを店長に招き、独自のアイデアで商品の提案をしています。

宮下社長:
メインの住宅の「離れ」という風にご理解いただけると面白い。例えば、おじいちゃんおばあちゃんが造られた場合には、お孫さんが来た時に離れとか部屋を多くするよりもテントを離れとすることで活用の幅、楽しみ方が増えるのかなと。

YUZURIHA 鈴木聖子店長:
大きい庭がなくてもベランダがあれば、ポットで湯を沸かしてコーヒーを飲むのもおしゃれじゃないかな。鳥の声が聞こえたり今ならばセミの声が聞こえたりというのを感じてもらうのもひとつではないかなと思います。

日常生活の延長線上で自然を感じてもらうのがYUZURIHA流のアウトドアライフです。

鈴木店長:
これが木でできたバレル(樽型)サウナです。窓からは外が見えるのでそういった所もぜひ楽しんでいただければ。出てすぐそのまま外で水風呂というか水浴びできる開放感のあるサウナかなと思います。

また樽型のサウナ=バレルサウナも取り扱っています。

さらに鈴木さんの得意分野を生かした屋外でのアクティビティも売りの一つ。

この日は、親子連れが鈴木さんのガイドのもと、山中湖でカヤックに挑戦しました。

参加した子ども:
楽しかった。

母親:
心が安らぐ。子どもたちも眠れてしまうほど心地よかったみたいで、すごくいい経験になりました。

鈴木さん:
嬉しいですね。もっともっと皆さんに外で遊んでいただいて、バーチャルではない本当の自然を楽しんでいただきたいと思います。

意欲的に自然の魅力発信に取り組む2人ですが、山や湖をフィールドにする分、気がかりなことがあります。

それは、自然環境の変化です。

宮下社長:
ここに、ここに。
鈴木さん:
けっこう大きいのがいる。

会社の中庭にある池に本来、春にいるはずのオタマジャクシの姿が。

鈴木さん:
なんとなくずれてる、四季が無くなってきているのかなとも感じています。

遊びを通じて自然を体感してもらうことで、環境の保護にも心を寄せるきっかけをつくりたいと考える宮下社長と鈴木さん。

宮下社長:
守るというとおこがましいけど大事にしたい。

鈴木さん:
私たちにとってみたら遊び場なので遊び場はみんなで大事にしていかないと遊べなくなってしまうので。

若い葉の芽生えのために古い葉が交代する「ユズリハ」の名の通り、この店を通じて次の、またその次の世代へと豊かな自然を引き継ぎたいと願っています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加