西武・山川、8月スカパー!サヨナラ賞初受賞「勝利に直結して貢献できたのが一番うれしい」

西武・山川、8月スカパー!サヨナラ賞初受賞「勝利に直結して貢献できたのが一番うれしい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/15

西武・山川穂高内野手(28)が15日、最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する8月の「スカパー!サヨナラ賞」に選出された。

8月27日の日本ハム戦(メットライフ)の1点を追う九回1死満塁で左翼線へのサヨナラ2点打を放った。

プロ7年目での初受賞。「初めての受賞なのでとてもうれしい。サヨナラでチームの勝利に直結して貢献できたので、それが一番うれしく思います。レフトが杉谷さんだったので、打った瞬間(杉谷さん)『絶対捕るな』と思いながら走っていました」と振り返った。

試合後、歓喜で沸くナインの中で森が涙を見せた。普段から森を弟分のようにかわいがる主砲は「普段から一番仲いいですし普段からそういう話もしますけど、ああいう風になるんだなと。ある意味新しい森を見れて、何かこいつも人間なんだなと思う部分が今年は多い。やっぱ責任感が強いので、負けたら全部自分の責任ぐらいに思っちゃっているのかなというのはあります。そこはチーム皆でやっていることなので、あの日は僕がカバーできましたし、それがチームだと思いますし、いいんじゃないですか。たまにああいうのを見せても」と思いやった。

No image

西武・山川(スカパーサヨナラ賞)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加