インテル、首位攻防のミラノダービー制し首位キープ。ミランに3得点快勝で勝ち点差は4に

インテル、首位攻防のミラノダービー制し首位キープ。ミランに3得点快勝で勝ち点差は4に

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/22
No image

【写真:Getty Images】

【ACミラン 0-3 インテル セリエA第23節】

イタリア・セリエA第23節、ACミラン対インテルが現地時間21日に行われた。インテルが3-0の勝利を収めた。

首位インテルと2位ミランの直接対決となった今回のミラノダービー。ミランではイブラヒモビッチやチャルハノール、レビッチやトナリなどがスタメン入り。インテルではマルティネスやルカク、ペリシッチやエリクセンなどがスタメンに名を連ねている。

先制したのはインテル。開始5分、こぼれ球を拾ったルカクがクロスを供給。中央でマルティネスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

57分、インテルが追加点。ペナルティエリア左を抜け出したペリシッチがマイナスのパス。マルティネスがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。続く66分、センターライン付近でボールを受けたルカクがドリブルで相手陣内に侵入。最後は左足でゴールを決め、インテルがリードを3点に広げた。

マルティネスの2ゴールとルカクの1ゴールでインテルが3-0の勝利。首位攻防戦となったミラノダービーを制した首位インテルは2位ミランとの勝ち点差を4に広げた。

【得点者】
5分 0-1 マルティネス(インテル)
57分 0-2 マルティネス(インテル)
66分 0-3 ルカク(インテル)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加