慶大 激闘の末敗れ4冠ならず「私が試合展開を読めなかった」堀井監督

慶大 激闘の末敗れ4冠ならず「私が試合展開を読めなかった」堀井監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

慶大対中央学院大 優勝を逃し、マウンドで喜びを爆発させる中央学院大ナインを見つめる慶大ナイン(撮影・浅見桂子)

<明治神宮大会:中央学院大9-8慶大>◇大学の部決勝◇25日◇神宮

慶大の史上5校目となる年間4冠(春、秋リーグ戦、大学選手権、明治神宮大会)はならなかった。

2回までに4点を先制。だが4回以降、中央学院大に猛追され、6回までに反対に4点ビハインドを負った。

7回、8回で計3点を返し、1点差に追い上げた。9回も2死一、三塁をつくったが、そこまで。激闘の末、敗れた。

堀井哲也監督(59)は「責任は私にあります。途中の失点は、私が試合展開を読めなかった。選手はよくやってくれた。春から、ここまでよく頑張ってくれた。それが素直な気持ちです」と話した。

福井章吾主将(4年=大阪桐蔭)は「監督は『監督の責任』とおっしゃいましたが、捕手が責任を負うべき点がいくつかあったと反省しています。悔しい気持ちと、4冠という偉業に対して、簡単じゃないと再認識しています」と潔く振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加